Narinari モバイル

ドラマの名脇役、志賀廣太郎インタビュー。
02/11 15:55 コ○助


コ○助が志賀廣太郎を初めて意識しながら見たドラマは、フジテレビ系の「恋ノチカラ」だったなり。深津絵里が勤める広告会社に求人広告を発注した文具メーカー「楠木文具」の社長役として出演していて、ドラマの最後まで「楠木文具」がストーリーの重要な場面に関わっていたことから、志賀廣太郎もそんなに出演シーンが多かったわけでは無いものの、最後まで良い味を出していたなりよ。あの低いトーンの渋い声、もろに「おじさん」というビジュアル面等々、存在感のある役者さんなり。

「『演じる』というのは、自分以外の人になって、知らなかったことを知る作業です」

志賀廣太郎は青年団という劇団の役者さん。青年団は平田オリザが率いる人気の劇団で、国内外で高い評価を受けている劇団なりね。志賀廣太郎は基本的には舞台で活躍していた人なりが、数年前からチラホラとテレビにも進出しているようで、現在放送中のフジテレビ系ドラマ「美女か野獣」にも出演しているなり。
舞台出身の役者さんは演技も上手いし、味わいがある個性的な人が多いので印象深いものがあるなりよね。これからますます活躍の場が増えるであろう志賀廣太郎を、皆さんもぜひチェックして下さいませ。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com