鶴瓶、ドラクエのモンスターになる

2018/01/19 00:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


落語家でタレントの笑福亭鶴瓶(66歳)が、人気アプリ「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」のサービス開始4周年を記念した新CM「DQMSL 四周年口上」篇(https://www.youtube.com/watch?v=MbVJLD399JU)に出演。1月19日より全国でオンエアを開始する。放送エリアは東京、名古屋、大阪、福岡、北海道をはじめとした19地区。

今回の新CMは、日本の歴史深い文化である落語と、ロールプレイングゲームの金字塔「ドラゴンクエスト」シリーズがコラボした内容。CM本編では落語の口上による舞台挨拶を表現しており、イメージキャラクターである鶴瓶と「ドラゴンクエストモンスターズ」シリーズに登場する人気モンスターたちが画面を彩る。鶴瓶によるサービス開始4周年を祝う挨拶や、金の紙吹雪が舞うといった豪華絢爛な演出が特徴だ。

また、新CMのオンエアを記念して、ゲーム内で出現するモンスター「きめんどうし」が、鶴瓶をイメージして「きめんどうし師匠」となったオリジナルの限定モンスターをプレゼントするキャンペーンも実施。

「きめんどうし師匠」の開発にあたっては、鶴瓶を模したメガネや座布団など、複数パターンの検証がなされ、鶴瓶の愛くるしい笑顔そのままのキャラクターとなっている。そしてCMにおいては、鶴瓶の顔が「きめんどうし師匠」に切り替わるシーンがあるため、キャラクターの特徴である深いシワを活かしつつ、鶴瓶の特徴をとらえたかぶりものの造形にも注目だ。

鶴瓶はこの「きめんどうし師匠」について、「僕だと分かったら可愛がってください」と、にこやかな様子でコメントを寄せた。

さらに、今後「ドラゴンクエスト」を題材とした“ドラクエ落語”を新宿末廣亭にて開催する予定。“ドラクエ落語”は、ゲーム内に登場する人気モンスターに「スライム亭ぷる蔵」「ホイミ亭ほいみん」などの亭号がつけられ、モンスターによる本格的な、そしてRPGの世界観をイメージした落語が披露される。詳細は後日改めて発表する予定だ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.