舞台「おおきく振りかぶって」全出演者が決定

2017/09/25 11:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


2018年2月、池袋・サンシャイン劇場にて公演が決定した大人気高校野球漫画の舞台化作品「おおきく振りかぶって」の出演者全22名が決定した。

原作の「おおきく振りかぶって」(作:ひぐちアサ)は、2003年に「月刊アフタヌーン」で連載がスタートして以来、コミック累計発行部数1,000万部以上を誇る人気作品。2007年のTVアニメ化から今年で10周年を迎えた。

今回の舞台作品で物語の中心となる西浦高校から、主人公・三橋廉役に西銘俊、阿部隆也役に猪野広樹、野球部の女性監督である百枝まりあ役に久住小春をはじめ、原作に登場する全部員11名のほか、ライバル校である桐青高校、武蔵野第一高校、三星学園の部員を含め、全22名が出演する。

脚本・演出を手掛けるのは、演劇集団キャラメルボックスの成井豊。成井は1985年に演劇集団キャラメルボックスを旗揚げして以来、延べ270万人以上の観客を動員してきた日本随一の人気劇団の脚本・演出家で、“人が人を想う気持ち”をテーマに、“誰が観ても分かる”“誰が観ても楽しめる”エンターテインメント作品を創り続けている。

舞台「おおきく振りかぶって」は2018年2月2日(金)〜12日(月・祝)池袋・サンシャイン劇場にて上演予定。10月14日(金)より公式先行チケットの申込受付を開始する。舞台詳細は公式サイト(http://oofuri-stage.com)を参照。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.