会社員が作った曲が異例の100万ダウンロード

2016/10/03 20:14 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


宮城県仙台市に拠点を置く株式会社劇団ニホンジンプロジェクト。その社員が自主制作した無料ダウンロード曲「あいあいあいあい愛してる(ハート)」(https://www.youtube.com/watch?v=atFsOtxvWlA)が、配信開始より50日で100万DLを突破した。

わかさ生活「ブルーベリーアイドリンク」のCMソングとしても全国オンエア中の同曲。HIKAKINやSEIKINといった多数の著名YouTuberがこの楽曲をYouTube上で紹介したところ、その動画の総回転数は500万回再生を突破するほどの反響を得た。また、USENでは会社員が唄う曲にも関わらず、今週のJ-POPヒットチャートランキングでは14位にランクインするなど、異例の反響を呼んでいる。

東北観光親善大使でもある株式会社劇団ニホンジンプロジェクトは、エンターテインメント業を生業としている10人の会社員で、楽曲制作・レコーディング・舞台制作・公演の企画から運営・チケットの販売まで、全てを自分たちで行う自主制作のスタイルをとり、ステージでは社員同士で「ニホンジン」「イセイジン」「ジョセイジン」「マホウジン」といった音楽グループとして社員全員が演者となってパフォーマンスを行っている。

地元宮城県でのCMソング起用社数は50社を越え、年間動員数は50000人オーバー。また、社員全員がYouTuberとしても活動しており、すでに1200本以上の動画を配信している。今年11月12日には宮城県最大のアリーナ会場「セキスイハイムスーパーアリーナ」にて、8000人限定の単独公演を開催する予定だ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.