未公開シーン満載の「ファンタビ」最新予告編

2016/09/29 18:20 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


「ハリー・ポッター」の新シリーズ「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の日本公開(11月23日)に向け、このたび、未公開シーンをふんだんに盛り込んだ最新予告編(https://www.youtube.com/watch?v=sPKhYezIvIs)が到着した。

ハリー・ポッターと同じ、あの魔法世界の新しい物語をつづる本作。新しい主人公となる、おっちょこちょいで人見知りの魔法使い、ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、動物といるほうが気が楽な魔法動物(ビースト)学者だ。魔法動物は、魔法の力を持つ動物で、かわいらしいもの、コミカルなものから魔法使いを襲う危険なものまで様々で、魔法使いたちがかけた魔法で人間には極力見えないようになっているが、中にはネッシーや河童のように、その魔法が解けたときにたまたま人間に見つかってしまうこともある。魔法界にとっても謎の多い魔法動物たちは、時に魔法使いたちからも恐れられ、駆除されそうにもなってきた。そんな動物たちを調べ、保護するためにニュートは、不思議なトランクの中を魔法動物でイッパイにしてニューヨークを訪れる。

しかしある日、ひょんなことがきっかけで、大切にしている魔法のトランクを人間(マグル=米国ではノーマジ)のものと取り違えられてしまう。魔法界の魔法動物たちが一斉に人間(ノーマジ)の世界へ逃げ出し、街中が前代未聞のパニックに。仲間になったティナ(キャサリン・ウォーターストン)とクイニー(アリソン・スドル)、そして人間であるジェイコブ(ダン・フォグラー)とともに魔法動物を追跡するが、やがて彼らは人間界と魔法界をまたにかけた、ある大事件に巻き込まれていくのだった――。

今回到着した映像では、キュートなニフラーの姿や、ニュートの不思議なトランクの中が明らかに。そこは、無限に広がる空間で、ニュートの小さな相棒ボウトラックルから、巨大なライオンのような動物、たくさんの見たことのない魔法動物たちが生き生きと暮らしていた。そんなトランクから逃げ出した強大な力を持つサイに似た“エルンペント”の姿も初公開。魔法動物たちが街中を駆け回る様子や、ニュートとティナが、驚きの方法で逃げ出した魔法動物を保護する様子も垣間見ることができる。

さらに、アメリカ魔法省(MACUSA)トップクラスの実力者で、凄腕魔法使いのグレイブス(コリン・ファレル)がニュートたちを強力な魔法で追い詰めるが、ニュートも誰もみたことのない魔法で対抗するシーンも。これまでのシリーズでは考えられないような大魔法が次々にニューヨークの街へ放たれる。

映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」は、11月23日より全国ロードショー。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.