2016年版「最も稼いだDJランキング」1位は?

2016/08/19 08:35 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


フォーブス誌による2016年版「最も稼いだDJランキング」が発表され、カルヴィン・ハリスが4年連続で1位に輝いた。

昨年に比べると300万ドル(約3億円)減収となったものの、1回出演のギャラが40万ドル(約4000万円)と言われるラスベガスでの常設公演からの恩恵を受けてか、昨年6月から今年6月までの税引前年収が推定6300万ドル(約63億円)となった。

カルヴィンとの収入差は顕著なものの、2位につけたのはティエストで、昨年100以上ものライブを敢行、セブンアップとの高額契約を結んだことが功を奏し、推定3800万ドル(約38億円)の収入となっている。

続いて3位にはカルヴィンと同じくラスベガスの常設公演を持ち、サッカー欧州選手権のテーマソングを手掛けたデヴィッド・ゲッタが2800万ドル(約28億円)でランクイン。以下、4位に2450万ドル(約24億5000万円)でゼッド、5位に2350万ドル(約23億5000万円)でスティーヴ・アオキが続いている。

6位には2300万ドル(約23億円)でディプロが入り、7位にはジャスティン・ビーバーのカムバックアルバム「パーパス」をプロデュースしたスクリレックスがランクインした。

トップ10入りしたメンバーの年収総額は巨額なことには変わりないが、2012年に同ランキングが始まって以降初めて1パーセント減という結果になっているようだ。スティーヴ・アオキはアメリカ経済について「アメリカのバブルはすでにはじけたね。ベガスのDJの状況からそれがわかるよ」とコメントしている。

また、同ランキングには女性が1人も入っていない。女性DJで収入1位を誇るのはデヴィッド・ゲッタの2009年のヒットソング「ホエン・ラブ・テイクス・オーバー」に参加したDJグループのナーヴォだが、年収1000万ドル(約10億円)と、男性トップとの収入差が顕著に見られる。

同ランキング作成に携わったライアン・マック氏はその理由について「自分は仕事をオファーする立場じゃないので、何とも言えないのですが、この収入のリストは1回20万ドル(約2000万円)のギャラで月に3、4回しているようなラスベガスの常設公演のようなことで決まっています」「ナーヴォやクルーウェラなど女性DJもこういった常設公演をしていますが、ほとんどの場合が男性DJに割り振られます」とザ・インディペント紙に説明している。


☆フォーブス誌による2016年版「最も稼いだDJランキング」

1位 カルヴィン・ハリス 6300万ドル(約63億円)
2位 ティエスト 3800万ドル(約38億円)
3位 デヴィッド・ゲッタ 2800万ドル(約28円)
4位 ゼッド2450万ドル(約24億5000万円)
5位 スティーヴ・アオキ 2350万ドル(約23億5000万円)
6位 ディプロ 2300万ドル(約23億円)
7位 スクリレックス 2000万ドル(約20億円)
8位 カスケード 1900万ドル(約19億円)
9位 マーティン・ギャリックス 1600万ドル(約16億円) 
10位 ディミトリ・ベガス&ライク・マイク 1550万ドル(約15億5000万円)

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.