デスノート続編の新たな特報、目が離せない“意味深シーン”の連鎖。

2016/07/15 07:32 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


映画「デスノート」誕生から10年となる年に、正統な続編として公開される新作「デスノート Light up the NEW world」。その新たな特報が解禁となった(https://www.youtube.com/watch?v=XlKCX4EI7Zw)。

今回解禁になった予告編は、思想なきデスノート所有者・青井さくら(川栄李奈)が渋谷の街中を大混乱に陥れる様子から始まる。

「デスノートを封印する」と話す、キラ事件に精通するデスノート対策本部捜査官・三島創(東出昌大)。背後のモニターには、デスノートの最初の所有者“夜神月=キラ”の姿が映し出され、「デスノートは使わない」という世界的私立名探偵の竜崎(池松壮亮)の言葉には、かつてキラと生死をかけた戦いに挑んだLの遺伝子を継ぐ者としての覚悟が感じとれる。

さらに「キラこそが、神だ!」と、不敵に凄む、キラ信奉者でサイバーテロリストの紫苑(菅田将暉)。そして、弥海砂(戸田恵梨香)の姿、次々に起こるデスノートによるものと思われる殺人事件、月が使用していた腕時計の仕掛け、笑顔で銃を自分の頭に向ける松田桃太(青山草太)の姿、不敵に迫る死神リューク(中村獅童)、“真っ白な人間ではない何か”の姿……。

原作に存在しながらも未だ使われていなかった“6冊ルール”を採用した新たな「デスノート」の世界。事件解決に立ち向かう者、キラ復活を望む者、そしてそれを阻止する者たち。壮絶な頭脳戦が繰り広げられる「デスノート Light up the NEW world」は、10月29日より丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国拡大ロードショー。

なお、7月16日からは第2弾前売り特典付きの前売り券販売がスタート。表面には本作のティザービジュアル、裏面には前作のポスタービジュアルがあしらわれたA5サイズの「限定メモリアルファイルデス」が付属する。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.