TDLのハロウィーンテーマ一新、今年は“ミュージックフェスティバル”。

2016/06/20 16:31 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは9月9日から、53日間にわたり秋のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」を開催する。期間は10月31日まで。

東京ディズニーランドでは、“ハロウィーン・ミュージックフェスティバル”にテーマを一新し、ディズニーの仲間たちと、おばけやスケルトンといったハロウィーンエンターテイメントのスターたちがゲストを巻きこみ、最高に楽しい音楽で盛り上げる。

パレードルートでは、ミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちとハロウィーンエンターテイメントのスターたちが、様々なジャンルの音楽パフォーマンスを繰り広げるパレード「ハロウィーン・ポップンライブ」を公演。ミッキーマウスたちはそれぞれの音楽スタイルに合わせたハロウィーンらしいコスチュームを身にまとって登場する。パンプキンやスケルトンなどをモチーフとした個性豊かなフロートからは、思わず体が動き出す軽快な音楽が鳴り響き、ゲストもディズニーの仲間たちと一緒に最高潮に盛り上がること間違いなしだ。

このほか、ワールドバザールやプラザには“ハロウィーン・ミュージックフェスティバル”にちなんだデコレーションが登場する。

一方、「東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」を開催中の東京ディズニーシーでは、今年もヴィランズ(※ディズニーアニメーションに登場する悪役の総称)一色の“クールで妖しいハロウィーン”をテーマに開催。妖しげな異空間に変貌したパークで、ディズニーヴィランズがミッキーマウスやディズニーの仲間たちと、ヴィランズ流に15周年のハロウィーンを盛大にお祝いする。

メディテレーニアンハーバーでは、ヴィランズ流のハロウィーンが楽しめるハーバーショー「ザ・ヴィランズ・ワールド〜ウィッシュ・アンド・ディザイア〜」を公演。ヴィランズが主役となり、ヴィランズならではの魅力をディズニーの仲間たちやゲストにアピールしようと、それぞれ得意なパフォーマンスを披露する。ミッキーマウスやディズニーの仲間たちは、ヴィランズをイメージしたコスチュームを身にまとってハロウィーン・パーティーに参加。ゲストと一緒に盛り上がる。

また、アラビアンコーストでは、昨年好評だったスペシャルプログラム「カスバ・マジックトリート」を開催。「カスバ・フードコート」では、ジャファーをイメージしたスペシャルメニューやデコレーションなどが登場するほか、レストラン内や宮廷の中庭では「マジックランプシアター」に登場するシャバーンとアシームたちによるアトモスフィア・エンターテイメントを展開する。このほか、ヴィランズの手下たちが登場するアトモスフィア・エンターテイメントやキャラクターグリーティングなども。

そして、ハロウィーンの定番“ディズニーキャラクターのフル仮装”は、今年も東京ディズニーランドだけでなく、ヴィランズ流のハロウィーンで盛り上がる東京ディズニーシーでも期間限定で実施。フル仮装には制限があるため、詳細は特設サイト(http://www.tokyodisneyresort.jp/special/tdr_halloween_kaso/)を参照。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.