16年かけて完成したオタク部屋、ゲームやマンガが所狭しと置かれた家。

2016/05/24 13:38 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


漫画やゲームがおよそ8部屋にわたりみっちりと置かれている“オタク部屋”を公開した動画がniconicoに投稿され、「お店より種類ありそう」と話題を呼んでいる。

▼【超オタクsaiの自宅】ゲーセン&レンタルショップより凄い家
http://www.nicovideo.jp/watch/sm28871304

動画投稿者のsaiさんの部屋には、機動戦艦ナデシコやスラムダンク、ワンピースなどの作品のポスターや、漫画・ゲームソフトが部屋の中だけでは収まらず廊下の壁まで所狭しと置かれている。

さらにはキャラクターの等身大ポップ、定価2〜3万円の音楽ゲーム用コントローラも部屋の所々に。saiさんによると、この“オタク部屋”を完成させるまでに16年以上かかったそうだ。

この動画をみたユーザーからは、

「何ここww中古ゲーム屋?ww」
「自宅でこれだと床が抜けそう(真顔)」
「倉庫用に家買ったのか…すげえよ」
「一生遊んで暮らせるわw」
「ジャンルの幅広いな」
「全部で何万だ?……億いってるか?」
「1日1000円で遊びに行きたい」
「近年稀に見る部屋だなこれはw」
「ここは天国に近いってか天国だわ」

といった驚きと羨望の声が寄せられていた。

なお、saiさんは以前よりこの“オタク部屋”の動画を投稿。昨年も、一軒家丸ごとのコレクションがまるで“野生のツタヤ”のようだと話題になった。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.