映画「彼岸島」はデラックスに、特報には人気の邪鬼“姫”の姿も。

2016/05/18 07:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


シリーズ累計700万部を誇るベストセラーコミック「彼岸島」(作:松本光司)の実写映画作品の正式タイトルが、「彼岸島 デラックス」に決定した。10月15日(土)に全国公開する。また、第1弾ビジュアルと特報(https://www.youtube.com/watch?v=tCMnhxWMTB4)も解禁となった。

原作「彼岸島」シリーズ――「彼岸島」(全33巻)、「彼岸島 最後の47日間」(全16巻)、「彼岸島 兄貴編」(全1巻)、「彼岸島 48日後…」(既刊6巻・連載中)――は、「ヤングマガジン」(講談社)にて連載14年目を迎え、現在も読者投票上位に常にランクインする大人気漫画。

本作「彼岸島 デラックス」はその名の通り、2013年に放映された連続ドラマ版「彼岸島」(MBS・TBS系)を格段にスケールアップさせ、恐怖倍増、迫真のアクション、ド迫力の映像、すべてにこだわり抜いてデラックスに映画化するものだ。

ドラマ版から引き続き、「彼岸島 デラックス」の主人公・宮本兄弟を人気俳優の2人、白石隼也と鈴木亮平がW主演で続投。弟である宮本明を演じる白石隼也は、ドラマ「仮面ライダーウィザード」シリーズの主人公で注目を集め、兄である宮本篤を演じる鈴木亮平は映画「HK/変態仮面」シリーズなど、話題作への出演が続々と決定している。

原作「彼岸島」シリーズは吸血鬼に支配された孤島で仲間を救い、脱出を試みるサバイバル・ホラー。他に類を見ない特徴的な吸血鬼やモンスターが登場し、次から次へと襲いかかる先の読めない展開が幅広い年齢層への人気を呼んでいる。映画版の本作で描かれる物語は、原作中盤での大きなターニングポイントである宮本明(白石隼也)、宮本篤(鈴木亮平)の兄弟対決。第1弾ビジュアルで示唆されるように、血を分けた兄弟が闘うことになる理由が明らかになる。

また、「彼岸島」シリーズの映像化において最大の難所は、「邪鬼」(おに)と呼ばれる巨大モンスターの表現。本作では、表情や筋肉の動きなど細部の細部までこだわり抜いた最新のCG技術により、原作で人気の邪鬼たちがド迫力のスケールで再現されている(※特報映像に一瞬登場するのは「姫」と呼ばれる、シリーズの中でも人気の高い邪鬼)。

なお、漫画「彼岸島」と言えば、登場人物の息づかいを表現した、原作に1万回以上登場する擬音「ハァハァ」。第1弾ビジュアルに散りばめられた「ハァ」や「ハッ」「ハー」の数々は、映画版ビジュアルのために松本光司氏によって描き下ろされたものだ。

映画「彼岸島 デラックス」は10月15日(土)新宿ピカデリーほかにて全国ロードショー。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.