“写真NG宣言”にファンは賛否、ジャスティン・ビーバー「義務はない」。

2016/05/12 07:25 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


ジャスティン・ビーバーが、「動物園にいる動物」のように感じてしまうことから、今後ファンと一緒に写真を撮らないと宣言した。

ジャスティンは人々があまりにも写真やサインをもらうことに気を取られ過ぎて、自分に挨拶さえせず、自分のことを1人の人間として認識していないことに懸念を示し、今後ファンとの写真を禁止することにしたという。

5月10日(火)、Instagramに「どこかで僕を見かけても、僕はもう一緒に写真を撮らないってことを知っておいてね。僕に挨拶をしないどころか、人間として認識さえもしないところまで来てしまっているから、僕が動物園の動物かのように感じさせられるよ。僕は自分の正気を保っていたいからさ。それでみんながガッカリすることはわかっているけど、僕がやってあげなきゃいけない義務はないからね。それに『でもあなたのアルバム買ったのに』っていう人たちには、そのアルバムを持っているわけだし、アルバムのためにお金を払ったんだっていうことを知っておいて欲しいんだ。そこにはどこかで僕にあったら一緒に写真を撮れるとは書いていないはずだよ」と投稿した。

そしてジャスティンは、寄せられた賛否両論のファンからのコメントに対して「これが賢明で僕がやっていける唯一の方法」と、その決断を擁護し、「何年か前はいつでもどこでも写真が撮れるわけではなかったのに、今はみんながカメラを持っている時代だよね」「僕も人生を楽しみたいし、世間が僕に求めることの奴隷になりたくないんだ。みんなを幸せにしてあげられるのは嬉しいけど、僕の立場になって考えて見れば、どれだけ大変なことかってことを分かってもらえると思うんだ」とつづった。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.