「信長の野望」の新作が大荒れ、ゲーム進行止まる不具合に不満の声続々。

2016/05/02 17:24 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


3月24日に発売された歴史シミュレーションゲーム「信長の野望・創造 戦国立志伝」(コーエー、PS4/PS3/Vita/Windows)が、大荒れとなっている。4月27日に大型アップデート第1弾を配信したところ、ゲームの進行に大きな影響を及ぼす不具合が多発。ユーザーの不満が爆発しているようだ。

「信長の野望・創造 戦国立志伝」は、2013年にリリースされた「信長の野望・創造」をさらに機能強化・進化させ、シリーズで初めて“武将プレイ”ができるようになった作品。30年の歴史ある「信長の野望」シリーズが放つ新機軸とあって、発売前からファンの期待も高まっていた。

ゲーム性やシステム、パワーバランスなどは、プレイヤー個々の主観により評価も分かれ、さまざまな意見があるところ。箱庭要素が高くて面白い、いろいろな武将を試したくなる等々、前向きな評価もたくさんあるが、今回の大型アップデートでユーザーの不満を高めているのは、ゲームがフリーズ、もしくは勝手に“落ちる”現象が起きるという、かなりやる気を削がれてしまう不具合が発生しているためだ。

コーエーもすぐに細かなバグ、不具合については回避方法を公式サイトで案内し、修正パッチを準備中であることを伝えている(http://www.gamecity.ne.jp/souzou/sr/attention_427.html)が、根本的なフリーズについては5月2日時点では言及がなく、このまま恐る恐る進めて良いのか、困り果てているユーザーも少なくない。

ネットでは有志によるフリーズ発生条件の検証が進められている一方、Amazonなどのレビューや、Twitter、掲示板サイトなどには「信長の絶望」「フリーズはさすがに酷くないか?」「チュートリアルでフリーズしたんだけど…」「苦労して稲葉山城攻略し終わったら固まった。もうやる気が起きない」「アップデートでゲームできなくなるの辛い」「内政で強制終了しまくるのだけど…」といった悲鳴が上がっている。

なお、コーエーは今後、5月末に第2弾の大型アップデート、6月末に第3弾の大型アップデートを予定。“武将プレイ”を心ゆくまで堪能したいと願うファンのためにも、安定してプレイできる環境が整うことに期待したい。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.