橋本環奈の味わい深いイラスト、“うさぎ”や“ねこ”をぬいぐるみに。

2016/04/25 10:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


Rev.from DVLの橋本環奈(17歳)が描いた個性的なイラストが立体化され、ぬいぐるみに――。そんな企画が、ロート製薬「ロートリセ」とのコラボで実現する。

今回、橋本は自身初の商品デザインに挑戦。「ロートリセ」のパッケージデザインを選んでもらい、そのデザイン上に入るイラストを橋本が描いた。オファーの段階では「私で大丈夫ですか…」と不安な一面をのぞかせていたというが、実際に作業に入ると「リセとリセコンはデザイン的に違いが分かる方がいい」と意見するなど、プロフェッショナルな一面も見せたそうだ。

そんな橋本が最も苦労したのは、イラストの制作。絵はちょっぴり自信がない様子だったが、本人の手描きによるもので、いろいろな試行錯誤を重ねて味わい深いイラストが完成した。「ロートリセ」のホームページでは、デザインを決める打ち合わせや、イラストを描き上げる様子など商品企画の過程を楽しめるメイキングムービーも公開されている(https://www.youtube.com/watch?v=QYpjk6rip8s)。

橋本のイラストは「どれも採用したいぐらい」(同社より)というチャーミングな仕上がり。制作スタッフの間でも「このままボツにしてしまうのはもったいない!」との意見が多かったそうだ。その中から、イラストを完全再現したぬいぐるみのプレゼント企画を実施する(3種類各1人限定)。詳細は、採用されなかったイラストも公開しているキャンペーンサイトを参照(http://jp.rohto.com/rohto-lycee/making/)。



TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.