上海ディズニー“転売”が続出、入場券のネット販売スタートも混乱。

2016/03/28 11:36 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


6月16日に開園を予定している上海ディズニーランド(上海市)。その入場券の販売が、ネットで始まった。しかし、公式サイトにアクセスが集中してシステム障害が起きたり、早くも転売業者が続出したりと、少々混乱気味の船出となっているようだ。

3月28日午前0時(中国時間)から販売がスタートした上海ディズニーランドの入場券。入場券には「平日券」と「祝祭日・繁盛期券」の2種類が用意され、それぞれの正式価格は370元(約6,400円)と499元(約8,700円)に設定されている。チケットは当日のみ有効で、ネットで購入する際には来園日を指定して予約するシステムだ。

これに伴い、早くも盛り上がりを見せているのが転売業。ネット上には入場券を転売するサイトや書き込みが数多く確認されており、中には販売開始前から取り扱うサイトも散見された。正規料金の10倍以上の価格で販売している“悪徳業者”も見られ、上海ディズニーは「販売開始日前にチケットが市場に出回ることはありません!」とたびたび注意喚起している。

なお、上海ディズニーの公式サイトでは外国人観光客も普通にチケットを購入できる様子(ただし会員登録が必要)。また、上海ディズニーランドホテルの宿泊料金は1,650元(約28,700円)からとなっている。詳細は公式サイト(https://www.shanghaidisneyresort.com/)を参照。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.