ゴーストバスターズの予告解禁、“あの音楽”や“あのつなぎ姿”も。

2016/03/18 07:08 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


30年前、科学者たちがニューヨークの街をゴーストから救ったアクション大作映画「ゴーストバスターズ」が、メンバー全員女性で生まれ変わった新生「ゴーストバスターズ」。その待望の予告編(https://www.youtube.com/watch?v=LtquW0x3T3g)が解禁となった。

今回解禁された予告編には、「ゴーストバスターズ」がどのような物語なのかのヒントが散りばめられている。

冒頭では、お馴染みの「ノーゴースト(NO GHOST)」マークが地下鉄の駅の壁に登場。落書きのように描かれたマークは、いったい誰が描いたものなのだろうか。さらには、これまで全員女性であること以外は謎に包まれていたゴーストバスターズの面々が登場。バスターズが息を飲みながら最初に遭遇したのは美しいドレスの女のゴースト。思わず「どうも!」と作り笑いで声をかけると、ゴーストの口(クチ)からは変なものをお見舞いされてしまう。

そんな最初の幽霊退治を経て、彼女たちはゴースト捕獲装置プロトンパックを開発し、「ノーゴースト」のマーク入り専用車ECTO-1(エクトワン)も作り上げる。お揃いのつなぎ姿も板についてきたゴーストバスターズは、呼ばれれば夜な夜なECTO-1をブッ飛ばして出動。なにやらイイ男(クリス・ヘムズワース)も入社して絶好調の彼女たちは、「仕事よ!」と気合いを入れて、青白く光るゴーストたちや緑色のスライマーの退治に奮闘していく。

そんなバスターズの前に、史上最大のピンチが訪れる。ニューヨークのど真ん中、タイムズスクエアに、かつてないほどのゴーストたちが集結したのだ。地上にも空中にも無数のゴーストたちであふれかえるタイムズスクエア。そんなゴーストたちに向けて、バスターズは「やっつけるわよ!」と背中に背負ったゴースト捕獲装置プロトンパックから赤いエネルギーを放出する。果たしてゴーストバスターズは、ニューヨークを救うことができるのか――。

映画「ゴーストバスターズ」は8月19日より日本公開。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.