松崎しげるがケンタ歌い揚げる、香ばし醤油チキンの歌をパワフルに。

2016/03/17 10:05 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


歌手の松崎しげる(66歳)が、日本ケンタッキー・フライド・チキンが春限定の新メニューとして発売中の「香ばし醤油チキン」のオリジナルソングを歌唱。そのウェブ限定ミュージックビデオが解禁された(https://www.youtube.com/watch?v=9QghxX_Wwk4)。

今回、醤油風味で和テイストの「香ばし醤油チキン」の特徴である“香ばしさ”の魅力を伝えるべく、こんがり焼けた肌の松崎を起用。揚げた後、さらにオーブンで焼き上げる香ばしさをしっかり伝えることを考え、松崎のパワフルな歌で表現した。おいしさでお腹が躍るような雰囲気が伝わるクラブダンスミュージック調のミュージック・ビデオに仕上がっている。

また、アプリ限定コンテンツとして、クラブダンスミュージック調のEDMバージョンとは別に、KFCの店長になった松崎が「香ばし醤油チキン」発売日当日にKFC店舗の開店準備をする、嬉しい雰囲気を伝えるラテンバージョンのミュージック・ビデオも作成。EDMバージョンとは違い、松崎がかわいらしい表情で歌い、かつ香ばしさが伝わる楽曲に仕上げている。

「香ばし醤油チキン」は、揚げた後にオーブンで焼き上げる、醤油風味のメニュー。1,001店舗限定で販売している。



☆PVストーリー

KFCのお店で楽しく話をしながらランチをしている老夫婦が、新商品の「香ばし醤油チキン」をパクッと食べると、そのあまりのおいしさにうっとりと目を閉じ、じっくりと味わっている。

すると、そんな2人の周りでは次第に変化が起き、ノリの良いBGMが流れだし、従業員は小気味の良いリズムを取り出した。音楽が盛り上がりを迎えた瞬間、2人の脳内は「香ばし醤油チキン」のテーマでもある和の世界へ誘われてしまう。

そこは、桜や番傘などで彩られた和の空間。その中で着物を着た男女がクラブダンスミュージックの音楽に合わせ踊り始めた。着物を着た男性が振り向くと、その人こそ、こんがり焼けた肌の松崎しげる。

香ばしさが感じられる歌詞と、「香ばし醤油チキン」を食べた後の香ばしい醤油の風味が香る旨さでお腹が嬉しく躍り出す雰囲気を表現する映像が続く。

2人がふと我に返ると先ほどのKFC店内で従業員の「いらっしゃいませ」の声。「香ばし醤油チキン」と和の雰囲気を味わいながら微笑み合う夫婦の姿で締めくくる。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.