AKB横山由依らマックのアニメで声優挑戦、クルー経験は「私の原点」。

2016/03/17 01:47 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


アイドルグループ・AKB48の横山由依(23歳)と、AKB48 Team 8のメンバーが3月16日、マクドナルドクルー(店舗アルバイトスタッフ)を募集する新キャンペーンの発表会イベントに登壇した。

この日、横山とTeam8の岡部麟、行天優莉奈、佐藤七海がマクドナルドクルーのユニフォーム姿で登場。ドナルドを交えた接客のデモンストレーションに挑戦したほか、キャンペーンのメイン活動となる、新人クルーの成長を描いたアニメーション「未来のワタシ」(全8バージョン/https://www.youtube.com/watch?v=5e-zAljAgqs)での声優挑戦の感想などを語った。

「未来のワタシ」は、先輩に見守られながらイキイキと働き、お客様に柔軟に接することができる一人前のクルーに成長する姿を描いたアニメーション。声優に初挑戦した感想を聞かれると、「みんなの力が合わさって100点です」と出来栄えの自信を語った。

AKB48のオーディションに合格する前は、クルーとして実際にマクドナルドでアルバイトをしていたという横山。久しぶりのユニフォーム姿になった感想を聞かれると「私、クルーの時に、このマネージャーユニフォームに憧れていたんです! だから今日は本当に嬉しくて! それに、このお店の雰囲気とか、ユニフォームを着た時の気持ちが引き締まる感じがすごく懐かしいです」と語った。

横山がクルーになりたての頃、業務の中でわからないことがあった際に、優しい先輩に助けられた経験があるそう。その経験が、現在のAKB48グループの総監督という立場でどのように生かされているか聞かれると、「私は、総監督としてメンバーのみんなをカリスマ性で引っ張っていくタイプの人間ではないので、チームワークを高めて、みんなで頑張っていけるように、積極的にメンバーとごはんに行ったりしています」とコメント。また横山はクルー時代の友人と現在も連絡を取り合っており、クルー経験を通じ「いい仲間に出会えた。私の原点」と当時を振り返った。

そんな横山のクルー時代のエピソードを聞き、同席したメンバーもクルーに挑戦。会場に用意された特設カウンターで、アニメーション「未来のワタシ」のシーンにもある「スマイル」くださいという問いにどのように対応できるかを披露した。AKB48 Team 8のメンバーが対応するのに対し、横山が「ナイス!」「かわいい」などの評価のコメントし、最後は横山自身が対応を披露。客役のドナルドの「スマイルください」に対し、「お持ち帰りになさいますか?」とさすがのスマイルで切り返し、その対応力に他のメンバーも納得の様子だった。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.