内田理央と山地まりが濃厚キス、監督の演出で「長く・エロく」実践。

2016/03/07 02:07 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


映画「血まみれスケバンチェーンソー」の舞台挨拶が3月6日に都内で行われ、出演者の内田理央、山地まり、佐藤聖羅、玉城裕規がが劇衣裳のまま登壇した。

この日、衣裳での登場はサプライズだったとあって、出演者たちが登壇すると客席からは大きな歓声。

トークでは、内田と山地のキスシーンがあることについて大盛り上がり。山地は、監督から「長く・エロく」という演出があったことを告白。それに応じた内田は「長くエロいキス」をしてきてくれたが、笑ってNGを出してしまったことを振り返っていた。

出演者のコメントは次の通り。

内田「ポップでおバカで青春なスプラッタームービーですが、映画のテーマとして、“少数派の人たちがんばれ!“というメッセージもあります。平和でないと楽しめない映画だと思うので、世界が平和になればいいな、と思いながら公開を迎えました!」

山地「人それぞれ受け止める箇所は違う映画だと思います。実は私は4回観ていて、毎回違うイメージを持ってます。たくさん観て、たくさん笑って下さい!」

佐藤「股間からミサイルを撃つ役は、正直不安でいっぱいでしたが、仕上がりを観た今、自分に惚れ惚れしています。M字開脚でひたすら腰を振るという演技は、CGのない現場では、ひたすらシュールでした(笑)」

玉城「女子学生役を演じるために、ミニスカでも耐えれるように足の毛を全部剃りました。でも、実際はロングスカートだったので、少し残念でした」

山口監督「原作モノの実写化でガッカリする作品にならないように、ファンの期待を裏切らない作品に仕上げました!」

映画「血まみれスケバンチェーンソー」はシネマート新宿、ユナイテッド・シネマ豊洲ほかで公開中。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.