「HK/変態仮面」に待望の続編、世界中からパンティが消える未曾有の危機。

2016/02/23 05:01 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


2013年に公開されるや鮮烈なインパクトを残し、スマッシュヒットを記録した映画「HK/変態仮面」。その続編が製作され、5月14日に公開されるというファン興奮の展開が発表された。そしてこのたび、「HK/変態仮面アブノーマル・クライシス」のポスターや特報(https://www.youtube.com/watch?v=O_Zb6FKDZLU)が解禁となっている。

本作の原作は、「週刊少年ジャンプ」黄金期に連載された伝説の漫画「究極!!変態仮面」。2013年の実写化では、12館スタートの小規模公開の映画ながら、動員数13万人、興行収入2億円と成功を収め、台湾や香港のほか英国、ドイツ、オーストラリアなど13の国と地域でも配給された。今回の続編決定にあわせて、すでにアメリカ、イタリアなどから配給オファーが届いているなど、海外からの関心も高い。

実はもともと、主演の鈴木亮平と福田雄一監督の間では「三部作の構想がある」とされ、今回はその約束が果たされた格好。主演と監督のタッグだけでなく、主要キャスト陣――清水富美加、ムロツヨシ、安田顕、片瀬那奈、池田成志らが再集結した。さらに同級生・真琴正役で柳楽優弥が出演。そのほか、水崎綾女、皆川猿時、新井浩文、やべきょうすけほか豪華な実力派キャストが加わった。

続編は、世界中からパンティが消えてしまうという、映画史上類をみない設定。パンティを失うという未曾有の危機の中、愛子ちゃんとの絆が壊れ……。前作からレベルアップした「地獄のタイトロープ」に加え、前作では登場しなかった「変態秘技苦悶蜘蛛地獄」など、必殺技の描写にも注目だ。

撮影は2015年8月、当初希望していたニューヨークロケは予算の都合で実現しなかったが、都内を始めとする関東近郊、静岡県などで行われた。真冬に撮影された前作から打って変わって、酷暑の中での撮影。約3年ぶりに集まった一同だったが、ブランクを感じさせないチームワークで撮影は進んだ。

そんな暑さでも汗をかくわけにもいかず、怪我をしても代わりに変態仮面を演じる人がいない鈴木亮平。連日ハードなスケジュールの撮影の合間で、チューブ等の器具を使用して変態仮面の肉体を維持し続け、アクションシーンでは敵の武器攻撃が入ってしまうなどのトラブルを乗り越えた。さらに大学生になった健気なヒロイン愛子ちゃんを体現した清水富美加、嫉妬心を募らせる同級生・真琴正を演じた柳楽優弥、福田組常連のムロツヨシ、安田顕など、最高の福田組が贈る最新作となった。

映画「HK/変態仮面アブノーマル・クライシス」は5月14日(土)、新宿バルト9ほか全国ロードショー。


☆色丞狂介役/鈴木亮平

ついに念願の続編が完成しました。変態とは何だろう、パンティーとは何だろう。この世界からパンティーが消えた時、人は何を想うのか。今回も自分自身と向き合い、精神面、身体面ともに極限まで突き詰めて演じさせていただいたつもりです。大きくスケールアップを遂げた、新たなる変態仮面の物語をぜひ楽しみにしていて下さい。

今回は大学生になったということで、前作よりも体を一回り大きくし、そしてアメリカのヒーローたちと並んでもひけを取らない世界標準の身体を目指しました。今回はとにかく筋肉量を増やし、身体全体を大きくしました。現場で、専属のトレーニングパートナーについてもらい、筋トレ用テントも用意していただき、そこで撮影の合間にトレーニングをして、万全の態勢で撮影に臨みました。福田監督から「社交ダンスを習っておいてくれ」と言われたので、個人的に一ヶ月間レッスンを受け、ルンバの動きをアクションに取り入れました。ユラユラと腰が動く、今までに見たことのないような画期的なアクションになっています。


☆姫野愛子役/清水富美加

3年ぶりに、真面目で変態な狂介くんと、最高にクールで変態な変態仮面に会えて、気分はエクスタシーでした。鈴木亮平さんが今回も素敵です。世界からパンティが消えてしまうと言う大事件が起きますが、最後はパンティと愛の大切さを実感できる作品だと思います。私は今回もパンティを脱ぐのでしょうか。否や。


☆真琴正役/柳楽優弥

1作目を楽しく拝見していたという事もあり、続編に参加出来たのはとても嬉しかったです。変態仮面の、あの肉体を作り上げるのにはどれだけの労力がかかるのだろうと考えたら、ただただ凄いなと感服しました。撮影中は真夏だった事もあり、代謝の良い僕は沢山汗をかき、少しは体も絞れたと思います。ムロさんのアドリブに詰められました。ムロさんのアドリブもこの映画の見所の一つだと思います。


☆福田雄一監督

まずは何より本当に続編を作ることが出来たことが嬉しいです。なにしろ、一作目は制作してくれる会社もほとんどなく、宣伝させてくれる媒体もかなり限られているという状況での公開。しかし、奇跡は起きるものです。まさかの大ヒットです。しかし、ヒットしたらしたで困難はあります。なにしろ、出てくれていた役者さんたちが皆さん売れてしまいました。売れてから変態と名のつく映画に進んで出る役者はいません。続編を望んだプロデューサーは困りました。

ヒットして困る映画も珍しい。しかし!朝ドラに出てもべゴールデンに出ても!映画で主役やっても!変態仮面をやりたい!という馬鹿な役者たちは存在しました!そう!鈴木亮平はこれっぽっちも続編を諦めていなかったのです!その肉体美を作るために彼は死ぬほどの思いをしたでしょう。彼は死ぬほどの思いをして変態をやっています。

その思いを受け止めて共演者、スタッフ、みんな、死ぬほど頑張って、変態を極めました。当映画は某スパイダーマンを多分に意識しているため、誰にも求められずとも「3」までは絶対に作ります!ただ!出来ればべ求められて作りたい!それはすべてこの続編が皆様の支持を得られるかにかかっております!何卒、応援をよろしくお願い致します!


☆原作者・あんど慶周

まず脚本を拝見した時点で笑いました。監督も主要な俳優陣も前作と同じなので「映像ではこんな感じに演技するんだろうな」というのが目に浮かんだからです。一つ心配だったのは鈴木亮平くんの肉体ですね。別の映画で巨漢になってたから撮影までに絞りきれてるのかと。撮影見学に行って彼を見たら心配無用でしたね。さすがプロですべ新必殺技も現場で見て爆笑です!いや、ホントすごいから(笑)。前作の公開後、福田監督も主演の鈴木亮平くんも「パート2もやりましょう!」と言っていたので楽しみに待ってました。前作よりもいろいろスケールがアップしてますね。お話しの内容もそうですが撮影現場に行って見て、スタッフや技術面にも力が入ってると感じました。前作にはなかった変態秘奥義も新たに映像化されてます!これ、地獄のタイトロープより笑えますよ(爆笑)


☆「HK/変態仮面アブノーマル・クライシス」ストーリー

パンティが消えるニュースが連日メディアを賑わせている中、狂介は相変わらず愛子のパンティを被って悪を倒していた。複雑な想いを抱く愛子はパンティを返してもらうが、徐々に二人の心はすれ違い始める。

一方、同級生の真琴正は、気づかぬうちに愛子を傷つける狂介への憎悪を募らせていく。愛子を失い、さらに世界中からパンティが消えるという未曾有の危機を迎えた変態仮面の前に、最恐の敵が現れる。

アブノーマル・クライシス。すべてのパンティが消えた時、変態仮面の運命は…。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.