ピクサー全作参加の伝説的ボイスキャスト、全キャラ紹介映像が解禁。

2016/01/22 14:15 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


ディズニー/ピクサーの記念すべき長編第1作「トイ・ストーリー」から昨年の「インサイド・ヘッド」、さらには3月公開の「アーロと少年」まで、長編全作品に参加している伝説的ボイスキャスト、ジョン・ラッツェンバーガー。そんな彼が演じた全キャラクターを一挙に紹介する特別映像が、このたび解禁となった(https://www.youtube.com/watch?v=H_WOk76sc2o)。

映像には、おなじみ「トイ・ストーリー」のブタの貯金箱ハムから、「モンスターズ・インク」の雪男、「インサイド・ヘッド」のフリッツまで、バラエティ豊かなキャラクターたちが登場。思わず歴代のディズニー/ピクサー作品を見返したくなるような、ファンの心をくすぐる内容となっている。

ラッツェンバーガーは「ピクサー長編20周年という節目の年を迎えたけど、すべてのピクサー作品にかかわってこられたことを本当に嬉しく思っているよ」とコメント。製作総指揮のジョン・ラセターは「ラッツェンバーガーは、ピクサーの幸運のお守りであり、私の良き友人でもあります」と称賛、ピート・ドクター監督は「僕にとって、ラッツェンバーガーはすべての作品にまたがる、橋のような存在なんだ。色々な人が出たり入ったりするけど彼だけは一貫している。ジョン・ラセターもね。ジョン同士だね(笑)」とスタジオを支え続けてきた二人の“ジョン”に敬意を表している。

3月12日には、ピクサーの最新作「アーロと少年」が日本公開となる。ラッツェンバーガーがどのような役を演じているのか、注目してみてはいかが?

なお、ラッツェンバーガーも参加した、昨夏公開の「インサイド・ヘッド」は、日本で興行収入40億円突破のヒットを記録。現在はMovieNEX(4,000円+税)が発売されているほか、デジタル配信も行われている。

また、同じくラッツェンバーガーが参加しているディズニー/ピクサーの「ファインディング・ニモ」(4月20日発売)、「バグズ・ライフ」(3月2日発売)、「メリダとおそろしの森」(3月2日発売)も、それぞれMovieNEXで続々と登場する予定だ(各4,000円+税)。



☆ジョン・ラッツェンバーガーが演じたキャラクターたち

1995年「トイ・ストーリー」ハム[ブタの貯金箱]
1998年「バグズ・ライフ」P.T.フリー[サーカス座の団長のノミ]
1999年「トイ・ストーリー2」ハム[ブタの貯金箱]
2001年「モンスターズ・インク」雪男[ヒマラヤの雪男]
2003年「ファインディング・ニモ」ムーンフィッシュの群れ[ものまねが得意な魚の群れ]
2004年「Mr.インクレディブル」アンダーマイナー[物語の最後に現れる悪役]
2005年「カーズ」マック[マックィーンの輸送トラック]
2007年「レミーのおいしいレストラン」ムスタファ[ウェイター]
2008年「ウォーリー」ジョン[人間の男性]
2009年「カールじいさんの空飛ぶ家」トム[建設作業員]
2010年「トイ・ストーリー3」ハム[ブタの貯金箱]
2011年「カーズ2」マック[マックィーンの輸送トラック]
2012年「メリダとおそろしの森」ゴードン[王国の番人]
2013年「モンスターズ・ユニバーシティ」雪男[モンスターズ・インク社の郵便係]
2015年「インサイド・ヘッド」フリッツ[操作卓を設置する作業員]
2016年「アーロと少年」???

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.