役所広司が主演&初のCM監督、地元バスが紡いだリアルストーリー描く。

2016/01/01 10:01 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


俳優の役所広司(59歳)が、主演および自身初となるCM監督を務めた「長崎バス」創立80周年・運転者募集CMが完成。元日より、長崎県内民放テレビ局および同社の特設ページ(http://www.nagasaki-bus.co.jp/recruit/businfo/lp/)で公開されている。

今回、地元・長崎出身の役所がCM制作を手がけるにあたり、電通九州のスタッフ陣が約半年にわたり現役の長崎バス運転者やOB、実際に長崎バスを愛用している地元の人たちに、長崎の街と人、そしてそれらをつなぐ長崎バスにまつわる物語を徹底取材。80年という歴史の中で長崎バスが紡いできたリアルなストーリーを情緒的に描き出した。

印象的な劇中音楽は連続テレビ小説「マッサン」の楽曲を手がけた富貴晴美氏が作曲・編曲している。

制作本数は60秒のWEBムービー3本、30秒のテレビCM4本の計7本。役所の誕生日でもある1月1日より、長崎県内限定で放映を開始した。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.