曹操・諸葛亮・周瑜がメガネに、愛眼が「三国志POCOP(智将三将)」。

2015/12/11 00:28 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


愛眼は12月10日から、三国志に登場する曹操、諸葛亮、周瑜の3人をモチーフにしたメガネ「三国志POCOP(智将三将)」の販売を開始した。数量限定で、価格は各17,980円(超薄型レンズ付。遠近両用もOK。税込み)。

「三国志POCOP(智将三将)」は、累計販売本数30万本にせまる主力商品「ポコプ」シリーズの記念モデル。マットなブラック仕様の人気デザインフレームで、内側には武将画家として人気の高い正子公也氏の武将画を使用している。

「曹操モデル」はテンプルの内側に曹操をプリント。戦乱の炎に包まれた曹操が力強く描かれる。赤と黒のコントラストが特徴的なデザインだ。

「諸葛亮モデル」はテンプルの内側に諸葛亮をプリントしたモデル。晴天に舞う白龍にまたがって颯爽と軍配を奮う孔明が迫力あるデザインで描かれる。白×黒の王道デザインが特長だ。

そして「周瑜モデル」はテンプルの内側に周瑜をプリントしたモデル。漆黒の月夜の元、軍略を練る周瑜の姿が神秘的に描かれる。蒼×黒のコントラスカラーで上質なオトナのデザインに仕上げた。

さらに同社は今回の発売開始にあたり、古くは足利尊氏が奉詣したと伝えられる、長い歴史をもつ由緒正しい「駒林神社」(神戸市長田区)にて「勝ち運」の祈願を実施。その本気すぎる祈祷動画(https://www.youtube.com/watch?v=uy6fxdYJmjE)も公開中だ。



TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.