クロエ・グレース・モレッツ最新作の予告、恐怖に慄く孤独なヒロイン。

2015/11/27 11:45 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


地球外の知的生命体“アザーズ”から攻撃を受けた壊滅状態の地球で、恐怖に慄き、翻弄される孤独なヒロインの高校生をクロエ・グレース・モレッツが演じる映画「フィフス・ウェイブ」(配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。その予告編(https://www.youtube.com/watch?v=KI0EnzWtbF0)とポスターが解禁となった。

クロエ・グレース・モレッツは、米タイム誌が選ぶ“2014年最も影響力のあるティーン25人”の一人にも選ばれ、いま世界で最も注目される18歳。「キック・アス」のヒット・ガール役で爆発的な人気を獲得し、続く「イコライザー」や「イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所」への出演でも話題となり、日本でも人気&知名度ともに急上昇中だ。

共演者は、キャシーが憧れを抱く青年ベン役に「ジュラシック・ワールド」のニック・ロビンソン、旅先で知り合う謎の若い男性エヴァン役にイギリス人俳優アレックス・ロウ、そして軍の指揮官ヴォーシュ役に「ソルト」のリーヴ・シュレイバーが扮している。

初解禁された予告映像で描かれているのは、正体不明の物体が突然空を覆いつくし、上空を見つめる人々。突然の停電、落下して爆発する飛行機、崩れ落ちるロンドン・ブリッジ。そして瞬く間に広がる、伝染病。人類の99%が死滅した中、生き残った少女キャシーは離れ離れになった弟を探すために一人生き抜こうとする。おびえながらも銃を構える彼女の瞳が見つめる先には――。

「フィフス・ウェイブ」は2016年4月23日(土)、新宿ピカデリーほか全国ロードショー。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.