「ジョブズ」映画の初映像解禁、ダニー・ボイル監督がスピーディに描く。

2015/11/06 13:48 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


スティーブ・ジョブズの生き様を、ダニー・ボイル監督が描く映画「スティーブ・ジョブズ」。その初映像となるファースト・トレーラーが解禁となった(https://www.youtube.com/watch?v=mLzjwG18Mew)。

ジョブズの生涯の最も波乱に満ちた時期の3大製品――1984年のMacintosh、Appleを追われて作った1988年のNeXT Cube、Appleに復帰して発表した1998年のiMacという重要な3つのフェーズで、ジョブズが人々の心をわし掴みにした伝説のプレゼンテーション“直前40分の舞台裏”を描き出し、ただ単に人生を追うだけの伝記映画とは一線を画した「スティーブ・ジョブズ」。

原案はジョブズ本人、家族、関係者への約3年にわたるインタビューなどを基に執筆された唯一無二の記録本であり、ジョブズ自身が伝記作家ウォルター・アイザックソンに頼み込んで完成し、日本でも上下巻合わせ100万部を越えるベストセラーとなっている同名著作だ。

ダニー・ボイル監督と「ソーシャル・ネットワーク」の脚本を手がけたアーロン・ソーキンがタッグを組み、「それでも夜は明ける」の高い演技力が世界中で評価されたマイケル・ファスベンダーがジョブズを熱演。共演にはケイト・ウィンスレットが名を連ねるなど、アカデミー賞常連の錚々たる面々が一挙集結している。

「もし パソコンが美しく 誰もが欲しがったら? そしてもし 誰もが手に入れる事が出来たら?」

そんなジョブズの問いから始める本映像は、天才であり、変人であり、そして父親であるジョブズの様々な表情を映し出す。株価4億ドルという大企業のトップであった時代、天才でありながら誰にも理解されなかった時代、アップル社からの解雇、そして復帰……ジョブズの波乱に満ちた時代が次々に展開していくが、その背景に常にあるのは、娘であるリサの存在だった。時代のカリスマであったスティーブ・ジョブズは、いくつの顔を持っていたのか? そしてその素顔とはなんだったのか? 印象的なスタイリッシュな音楽と共に、ジョブズの人生がスピーディに描かれている映像となっている。

映画「スティーブ・ジョブズ」は2016年2月公開。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.