「絶望要塞2」の挑戦者を罵倒、10万人失敗喜び“絶望応援団”結成。

2015/10/27 12:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


富士急ハイランドの潜入攻略アトラクション「絶望要塞2」がオープンしてから3か月。今なお誰もクリアできず、挑戦失敗者はついに10万人を突破した。この事実に気が付いた担当者は大喜び。担当部署は“勢い”で挑戦者を応援しない応援団「絶望応援団ネガティ部」(https://www.fujiq.jp/special/negati-bu/)を結成、その奇妙な応援の一部始終をまとめた動画を公開した。

動画は全部で4部作。「今日こそ潜入成功させるんだ!」と意気込む挑戦者たちの前に突如現れた7人の団員たちが、「ヤメロ ヤメロ ヤメテオ ケ〜」「夢、は、絶、対、か、な、わ、な、い〜」と過激な言葉とともに、ブレイクダンスやパラパラなどのパフォーマンスをまじえ、挑戦者を絶望させる応援を繰り広げていく。

まさかの“絶望エール”に驚く挑戦者たち。そして動画のラストには、衝撃の展開が待ち受けている――。

挑戦者を罵倒するという、一見ひどすぎる「絶望応援団ネガティ部」だが、ただネガティブな言葉を並べることが目的ではなく、「失敗を繰り返しても、しがみついてあきらめず、好きなだけ絶望すればよい。人は絶望の数だけ強くなれるのだから。今日の絶望が明日をつくる」というポジティブなメッセージが裏に隠れているという。

10月27日現在、公開されているのは第1部「絶望応援団−登場」(https://www.youtube.com/watch?v=DKY-S6cLEnk)。第2部以降はYouTubeの富士急ハイランド公式チャンネルで連日順次公開する。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.