「羊フェスタ」で羊肉料理堪能、今年は規模・日数ともにパワーアップ。

2015/10/19 10:21 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


羊齧協会(ひつじかじりきょうかい)は11月7日、8日の2日間、「羊肉好きが、思う存分好きな羊が食べられる」世界の実現を目指し、東京・下北沢駅前広場にて「羊フェスタ 2015@下北沢大学」を開催する。

「羊フェスタ」は昨年第1回が開催され、事前発売した飲食チケット530枚が1週間足らずで完売。出店店舗5軒で合計約2,000食の羊肉料理を提供するという盛況ぶりだった。そこで、今年は規模・日数ともに拡大し、より多くの皆様に楽しんでもらえるイベントとしてパワーアップ。来場予測数20,000人強の規模で開催する。

飲食ブース参加店舗は「味坊」(中国東北料理・東京都千代田)、「北京ダック専門店 中国茶房エイト」(東京都港区 他)、「タカリバンチャ」(ネパール料理・東京都大田区)など、9店舗を予定。飲食チケット価格は600円で、前売券は5枚セット3,000円で販売する。詳細は公式サイト(http://hitujikajiri.com/festa2015/)など参照。

羊齧協会は、羊肉文化の日本での普及を目指し、羊好きがいつでも楽しく羊を食べられる環境を構築するために、消費者主導で羊肉を盛り上げるとともに、生産者・流通業者・提供する店・消費者が羊肉を軸にしてつながることを目的に活動を行う非営利団体。2013年に発足し、現在の会員数は1,050人(2015年10月15日時点)いる。毎月様々なイベントを開催するほか、2014年12月には、日本初の羊肉料理レストランガイド「東京ラムストーリー」を出版した。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.