ペンタトニックスが渡辺直美を絶賛、MVで“6人目のメンバー”に。

2015/10/17 07:39 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


タレントの渡辺直美(27歳)が、「大ファン」と公言しているアカペラ・グループ、ペンタトニックスの“6人目のメンバー”として、ミュージックビデオで共演を果たした。

ペンタトニックスは、ダフト・パンクのヒット曲カバー「ダフト・パンク・メドレー」が、現在までに総再生回数1億5,000万回、YouTube公式チャンネル総再生回数11億回を超え、2015年グラミー賞では、「ダフト・パンク・メドレー」が「ベスト・アレンジメント・インストルメンタル・オア・アカペラ」部門を受賞するなど、アカペラの枠を越えた超絶テクニックで全世界を席巻中しているグループ。10月16日には、全世界同時で最新アルバム「ペンタトニックス」を発売したが、これを記念して、リード・シングル「キャント・スリープ・ラブ」の日本版ミュージック・ビデオに渡辺が出演した。

メンバーによって作詞・作曲されたこの楽曲に合わせ、テンポよく入れ替わるメンバー5人の中に、このミュージック・ビデオの世界観が再現された新しい部屋のセットをバックに自然な流れで入り込んでいる渡辺。特に楽曲冒頭にある「アハー」と「イエー」と歌うシーンが印象的なこのパートを、渡辺がメンバー5人に負けない表情で演じ、楽曲のサビの部分では得意のダンスを見せつけている。


ペンタトニックスのこれまでの全アルバムを持つほど大ファンだったという彼女。今回、その話を聞きつけたレーベルスタッフが、オファーしたことがきっかけでこのコラボレーションが実現した。そして、渡辺は以前からこの楽曲「キャント・スリープ・ラブ」を気に入っていたようで、マネージャーからこの日本版ミュージック・ビデオ出演依頼の連絡が来た時は、友人宅でちょうど「キャント・スリープ・ラブ」をリピートで聴いている最中だったとのこと。このような不思議な偶然に、とても驚いたという。

渡辺は「オリジナル曲をやって欲しい、っていう思いがすごく強かったので嬉しい。しかも“すっごく良い歌”。リピートでずっとかけていても、常にずっとこの曲を浴びていたい、全身で浴びたいというのがあるくらいずっと聴いていますね」と語っている。

また、この楽曲のタイトルどおり「Can't Sleep Love」=「眠れないほどの恋」の経験があるかについては、「毎回そうですね(笑)。数々」とのこと。また、「最近そういう恋愛してないなっていう方いらっしゃると思うので、これ聴いたら本当に恋したいって思うと思います。すごく大人の恋愛という感じの曲調というか“アハー”と歌うところも、セクシーというか、グッっと来るんですよね」と語った。

なお、この日本版ミュージック・ビデオ「キャント・スリープ・ラブfeat.渡辺直美」を見たメンバーのミッチは、「おもしろすぎる! 直美のこと大好きだよ! これって、今や彼女が6人目のメンバーってことだよね?!」とコメント。スコットは「本当、直美大好きだよ! 最高に面白すぎる! 彼女が参加してくれたことが本当に嬉しいよ! 日本のみんなも気に入ってくれると嬉しいな!」と大絶賛している。

見事なまでに自然にビデオの世界観に入り込んだ渡辺とペンタトニックスの相思相愛コラボは、GYAO!にて先行配信中(http://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v10677/v0993900000000547888/)。また、ペンタトニックスは11月に通算4回目の来日をする予定だ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.