「ダイバージェントNEO」のメイキング映像、キーアイテムの存在も判明。

2015/10/16 21:51 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


世界累計発行部数3,100万部を超える大ヒット小説が原作のSFアクション映画「ダイバージェント」。その第2弾で、はるかにスケールアップした世界を驚異のビジュアルで描く「ダイバージェントNEO」が、10月16日より全国公開された。そしてこのたび、見応えたっぷりの特別映像(https://www.youtube.com/watch?v=tC0kl2aqkg4)が到着。驚愕のアクションシーンのメイキングも収められた本映像は、映画ファン必見の仕上がりとなっている。

本シリーズは全世界で2.8億ドルを超える大ヒットを記録。メインとなるキャラクターを演じた出演者たちの多くが他作品で主演を務めるなど、その影響力も注目を集めた。

そして続編となる今作は大幅にスケールアップした世界が舞台。今回到着した映像では、迫力のアクションはもちろんのこと、前作で家族・友人を失った悲しみのため、自ら髪をショートカットにしたトリス(シャイリーン・ウッドリー)の姿も映しだされ、登場人物たちの描きだすドラマも必見だ。

また、迫力のメイキングシーンでは、本編さながらに空中のロープに飛びつく様や、傾く家での撮影もしっかりと映しだされている。シャイリーンも「過激なアクションが楽しいの」とキュートな笑顔でコメント。本作への自信をのぞかせる。

さらに、映像が進むに連れて本作のキーアイテムとなる“箱”の存在が明らかに。この箱には人類の根幹に関わる重大な秘密が隠されており、それを開ける鍵を持っているのが、主人公であるトリスを始めとする<異端者>と呼ばれる人々だという。世界の覇権を狙う権力者ジェニーン(ケイト・ウィンスレット)は箱の謎に迫ろうと彼らを執拗に追いかけるが、そのやり方に反発する人々を巻き込んだ激しい戦いが繰り広げられることが映像からは伺える。

そして気になるのは、「グラディエーター」でアカデミー賞作品賞を受賞した経歴を持ち、本作でも同じく製作を務めているダグラス・ウィックが発する、「前作で作り上げた世界を壊す」という意味深なコメント。前作をはるかに超えるスケール感を感じさせる言葉でもあるが、まだ隠された意味がありそうなこの言葉。一体どんな意味が隠されているのだろうか。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.