生誕50周年ガメラがCGで甦った、クドカンいきなりギャオスに食べられる。

2015/10/09 02:30 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


「ゴジラ」と共に、今なお特撮ファンから熱狂的人気を誇る怪獣シリーズ「ガメラ」。2015年は生誕50周年の大きな節目となるが、10月8日(日本時間10月9日)、米ニューヨーク・マンハッタン ジェイコブ・K・ジャヴィッツ・コンベンションセンターで開催されたポップカルチャーの祭典「ニューヨーク・コミコン2015」にて、KADOKAWAが「ガメラ」生誕50周年記念映像「GAMERA」を公開した(https://www.youtube.com/watch?t=2&v=z1wmRW8ZmNs)。

CGで甦った「GAMERA」を手掛けた監督は、鬼才・石井克人。映画、CM、テレビ、ドラマ、アニメーションなど、あらゆるジャンルの映像作品を手掛け、クエンティン・タランティーノ監督の「キルビル Vol.1」ではアニメパートを手掛けた実績もある、世界が認める才能だ。

「GAMERA」では、東京の街にギャオスが来襲。人々が逃げ惑うなか、少年・マナフ(高橋琉晟)は、父親(宮藤官九郎)をギャオスに食べられ、失ってしまう。ひとり生き残ったマナフの運命は……?

10月9日にオープンする「ガメラ生誕50周年」特設サイト(http://www.gamera-50th.jp/)では、「ガメラ」生誕50周年記念映像のショートバージョンを見ることができる。フルバージョンは、第28回東京国際映画祭・日本映画クラシックス部門の旧作「ガメラ」シリーズ4作品上映にて、日本で初上映する予定だ。



TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.