カラテカ入江の合コン三原則、「WBC意識しろ」など実践でカップル誕生。

2015/09/12 07:30 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


お笑いコンビ・カラテカの入江慎也(38歳)が、先日、恋活アプリ「タップル誕生」との合コン企画「カラテカ入江とタップル合コン」を東京・麻布十番で開催。約1,000人の応募者の中から、カップル1組が誕生した。

合コンは、約1,000人の中から選ばれた、今まで彼女ができたことのない草食系を通り越して「草原男子」と呼ばれているコニー(25歳)と、合コン未経験の料理人しんちゃん(24歳)の男性2人と、元遊園地スタッフのしおりん(22歳)、ウェブデザイナーのふじみな(22歳)、飲食店店員あきら(22歳)の女性3人、計5人が参加。

男性陣は“合コン芸人”入江から事前にテクニックのレクチャーを受け、それを活かしながら本気でカップル誕生を目指す合コンが行われた。

入江が伝授した“合コンテクニック”の中でも、印象的だったのは「WBCを意識しろ」「開始直後にLINE ID交換する技」「ペアで行うゲーム」の3つ。

「WBCを意識しろ」は、W=笑う(女の子が何を言っても笑う)、B=ビックリする(何でもリアクションする)、C=チェックする(お酒や終電時間、空調などへの気配り)という意味で、常に合コン中に実行する基本の三原則だという。男性2人は非常に感心した様子だった。

また、「開始直後にLINE IDを交換する」ことで、なんとなく流れで最後に盛り上がったら交換するのではなく、会った瞬間に勢いで言ってしまうことで、女性たちも流れに押されるまま思わず交換してしまうとのこと。ただ、一般人が突然実行したら引かれてしまう可能性もあり、実践する際には注意が必要だ。

そして「ペアゲーム」は、まず最初に、自分が彼氏彼女に対して譲れない点を3つ各自発表し、お互いの好みを知った上で席替えもしつつ、男女でペアを組む。隣のペアに対して「おでんの具と言えばなに?」「北海道の食べ物と言えば?」のような質問をして、ペアで同時に答えを言って合致すれば回答ペアが勝つというゲームを行った。発想する内容が合致することでの盛り上がりは大きく、一気に距離が縮まり、合コンにはまさにピッタリのゲームと言えそうだ。

そのほかにも、自己紹介や乾杯において、入江ならではのやり方を男性2人に伝授して実行を試みるも、ややウケといった結果に……。女性陣からは自分たちを盛り上げようと頑張ってくれた心遣いが嬉しいと、最終的には好評価へとつながったようだ。

合コン企画の最後のコンテンツには、「フィーリングタップル!」ということで、この中で一番気に入った人を選び、合コン未経験の料理人しんちゃん(24歳)と飲食店店員あきら(22歳)が見事カップルに。お互いを選んだ理由は「気配りができてしっかりしている印象の彼女に惹かれた」しんちゃんと、「自分より女子力高くて焦るけどとにかくかわいくて仕方がない」と語るあきら。

彼女ができたことのない「草原男子」コニーは惜しくもここでも実らなかったが、参加者全員盛り上がり、またネットでの恋活を頑張って幸せをつかみたいと笑顔で語っていた。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.