“うんこ味カレー店”に新展開、インターン募集に東大総長賞の東大院生も。

2015/09/02 14:42 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


人気セクシー男優しみけんが運営する、人類初のうんこ味カレー専門店「カレーショップ志み津」が、インターンの募集を開始したことがわかった。9月1日にビジネスSNSの「Wantedly」で告知したもので、募集開始から数時間で早稲田大学の学生や東京大学の大学院生などから応募があったという。

「カレーショップ志み津」は、8月16日(日)に千歳船橋でオープンしたジョーク飲食店(※同店によると、この定義は存在していること自体がジョークであり、罰ゲームとして利用されたり、飲食をするというよりも楽しみに行くのを目的とした飲食店)。オープン翌日に保健所から連絡が来たほか、オープンから1週間も経たずして、海外の数十か国以上のメディアに掲載されるなど、良くも悪くも世界中で話題を振りまいているお店だ。

同店がオープン前に実施した、20代・30代の男女400人を対象とした調査では、85%以上が「行きたくない」と回答するなど、先行きが不安になる船出だったが、いざオープンしてみると連日、カレーもほぼ完売になるほど人気に。結果、圧倒的な人手不足となり、本業多忙なしみけんに代わって実質店を切り盛りしている店長は「カレーの仕込みや店内清掃、営業、片付け、広報業務と作業が多く、この体制で週5日〜6日営業するのは、高いパフォーマンスを維持していくのが難しく感じましました」と、限界を感じてきたそうだ。

とはいえ、「カレーショップ志み津」は期間限定の営業で、かつ現在は初期投資の回収段階で「お金がない」。そこで「お金がないけど人手はほしい、という開き直った潔い考え」のもと、スキルやノウハウを教え、ビジネスを一緒に体験してもらう「インターン制度」を導入する運びとなった。

現在、同店では「運営部門」と「広報戦略部門」のインターンを募集している。

「運営部門」では、お店に毎月かかる固定コストと想定売上げや来客数から、仕込みをどうすれば良いか、売上げを伸ばす方法としてどうすれば良いかを実際の数字を基に経営戦略を検討。また、新たなグッズ展開やリピーター、新規顧客を増やす方法など、幅広く考えていく。

「広報戦略部門」では、圧倒的多数の「行きたくない」という意見を、どうすれば「行きたい・行く」という声に変えられるかをソーシャルメディアやニュースメディア・マスメディアを活用して取り組んでいく。また、どうすれば話題を取材に来てもらえる話題を作れるのか、取り上げてもらえるのかを広報的な視点から企画を立案。そして実際の取材現場にも立ち会い、どうすれば効果的な露出ができるのかを見て行くという。そして世界も視野に、どのようにすれば海外メディアにも注目してくれるのかを考え、実際にやりとりしていくそうだ。

9月1日の募集開始以降、学部生時代に東大の総長賞も受賞したことのある東大院生や、留学経験のある早稲田生など、一流企業のインターン並の高学歴な人材からの応募があった。応募をした東大院生からは「有名なコンサルティング会社や金融会社のインターンと、もし被ったとしても、カレーショップ志み津でのインターンを選びます。これから世界で戦える人材の条件は、英語、ファイナンス、IT、そしてうんこ味のカレーを作れるかどうかが重要になってくると考えています」と、どうかしているとしか思えない志望理由が寄せられたそうだ。

インターンの募集概要は次の通り。

募集部門:運営部門、広報戦略部門(両方従事可能)
募集期間:2015年9月1日〜2015年9月30日まで
インターン期間:2015年10月31日まで
インターン報酬:なし
インターン条件:現在専門学校生、大学生、大学院生のいずれかであること
労働条件:来店できそうな日を事前に連絡し、来店できる限り自由参加
採用過程:Wantedlyからの応募→面接→採用
インターン募集情報URL: https://www.wantedly.com/projects/28379


TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.