ディズニー傑作短編の製作秘話、初のコレクションBD&DVD特典映像から。

2015/08/28 10:26 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンは8月28日、ディズニー・アニメーション・スタジオ初の短編映画傑作集「ディズニー・ショートフィルム・コレクション」の発売を記念して、Blu-rayのボーナスコンテンツに収録されている映像の一部を公開した。

今回解禁となったのは、「製作を振り返って」の映像の一部。アカデミー賞受賞作の「紙ひこうき」を手掛けたプロデューサーのクリスティーナ・リードが、短編だからこそ、新しい技術にトライできたという興味深い製作秘話を語っている。

「紙ひこうき」はその映像美が大きな話題を呼んだ作品だが、その秘密は、照明を巧みに使い、コンピュータグラフィックスに線画を取り入れるという新旧のテクノロジーをミックスした、3Dで描く2D的な表現。最初のシーンだけで、費やした製作日数は数か月にも及ぶという。

そのシーンを観た、かつてルーカスフィルムで活躍し、現在のウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオとピクサー・アニメーション・スタジオの社長を務めるエド・キャットマルが、「こんな作品が観たい!!」と感嘆したほど、とても画期的なアイデアだった。

さらに現在発売中のBlu-rayのボーナス映像では、他の短編を手掛けたスタッフ陣も、数々のマル秘製作エピソードを明かしている。

例えば「ミッキーのミニー救出大作戦」のローレン・マクミュラン監督は、自分が描いたミッキーのモノクロの原画を見せて、1928年のミッキーマウスのスクリーンデビュー作「蒸気船ウィリー」よりも古い、「最古の原画を発見しました」と冗談を言って、スタッフ陣を驚かせるなどユーモアいっぱいの裏話も。

貴重な製作の舞台裏が満載のBlu-rayのボーナス映像を観てから、改めて短編集を観ると、より一層作品の魅力を楽しめそうだ。


☆「ディズニー・ショートフィルム・コレクション」

発売日:2015年8月26日(水)
価格:ブルーレイ+DVDセット 3,800円(税別)/DVD 2,800円(税別)
コピーライト:(C) 2015 Disney
公式サイト:http://www.disney.co.jp/studio/animation/1327.html
収録作品:
●ジョン・ヘンリー 【初収録】
●ロレンゾ 【初収録】
●マッチ売りの少女
●グーフィーのホームシアター
●小さな時計 【初収録】
●ウェイン&ラニー クリスマスを守れ!/秘密の指令 【初収録】
●ネッシーのなみだ
●ラプンツェルのウェディング
●紙ひこうき 【アカデミー賞受賞】
●ミッキーのミニー救出大作戦
●愛犬とごちそう 【アカデミー賞受賞】
●アナと雪の女王/エルサのサプライズ

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.