人類初のうんこ味カレー専門店、85%以上の人が「行きたくない」。

2015/08/15 17:09 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


東京・千歳船橋に8月16日、人類初のどうかしているジョーク飲食店、うんこ味のカレー専門店「カレーショップ志み津」(東京都世田谷区船橋1-1-17 ジョイパーク千歳船橋B1-A http://curryshopshimizu.com)がオープンする。同店のオーナーは、人気セクシー男優のしみけんだ。

そもそもの疑問として、誰もが抱く「うんこ味だとどうやって確かめるのか?」という点。これについては、過去何度もうんこを食べたことのあるしみけんをはじめ、何人かの食糞経験者に試食をしてもらい、お墨付きをもらったことで確認したという。

また、「うんこを入れたりとかしてないのか、食品だけで作れるのか?」という疑念については、強烈なにおいを出すくさや、苦みや渋みを出すためにセンブリ茶やゴーヤ、カカオパウダーなどをカレーと一緒に入れ、水分などを微調整して粘り気も近づけている。きちんとした栄養のある食材を、きちんと焼いて煮込み、熱を通すという安全な調理法で作成しているそうだ。

そして、店内の臭い問題については、脱臭機や空気清浄機を多めに設置し、きちんと対策した上で営業を行い、帰りには芳香剤の噴射サービスも提供する。

お店で提供する飲み物以外の食べ物は“うんこ味のカレー”のみのため、ジョークグッズならぬジョーク店のような存在だが、このようなお店は、世間からどのような評価を下されているのだろうか。

今年8月12日〜8月13日に20代・30代の男女400人(年代・性別均等割付)に調査を実施し、「うんこ味のカレー専門店に行ってみたいですか」と聞いたところ、実に75%の人が「絶対に行きたくない!」と答え、「行かなくていいなら行きたくない」という10.5%の意見とあわせると、85%以上の人が「行きたくない」という、お店としては致命的な結果になった。

ちなみに、「もし、うんこ味のカレー専門店にデートで誘われたらどう思うか、一番近い意見を教えてください」と聞いたところ、「正気の沙汰ではない」という意見が57.5%を占め、その次に「別れる」という意見が14.5%と穏やかではない結果になった。

この“儲かる気配”がなく、正気の沙汰ではない、どうかしているお店をなぜやろうと思ったのだろうか。それは、2013年9月28日に阿佐ヶ谷ロフトで行われた「うんこ味のカレー単独ライブ」がきっかけだったという。

このイベントでしみけんは「カレーショップ志み津」で店長としてカレー作りも行う、イベントプロデューサーのおぱんぽんと出会った。このイベントでは普通に食べられるおいしいカレーになってしまい、リベンジを果たすべく、2015年4月3日からテレビ埼玉で放送された「しみけんの脳みそツルツル野郎!!」内でうんこ味のカレーを完成することに成功。このうんこ味のカレーを一般の人に体験してもらうことを考えたが、イベント会場側からも「もう勘弁してください」とNGが出たり、レトルトカレーの会社からも工場NGが出たり、テレビ番組も7月末に終わってしまったりしたため、多くの人に体験してもらう機会と、新たな展開を模索した結果、お店を開くことになったそうだ。

同店は「おふざけのように思われるかもしれませんが、究極の選択『うんこ味のカレーとカレー味のうんこ、食べるならどっち?』という子どもの頃からの疑問にきちんと本気でぶつかり、取り組み、解決をさせていくということはイノベーションにおいて重要だと考えています。食べに行き、自分の足を使って疑問を解決する経験をきちんとした人は、一つ一つの言葉に実感がこもり、重みも出てくると思っています」と、その意義を説明している。

なお、メニューはうんこ味のカレーのみで、容器は便器型のお皿で提供。サイズはスプーン3口程度の「ちっせぇの」400円、スプーン7口程度の「そこそこ」600円、そして容器いっぱいに入った「でっけぇの」が1000円となっている。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.