長瀬×神木のクドカン最新作ビジュアル解禁、公式サイトに“赤鬼”姿。

2015/08/15 13:19 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


宮藤官九郎監督×長瀬智也×神木隆之介の映画「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」の第1弾ビジュアルが8月15日、公式サイト(http://tooyoungtodie.jp/)で解禁となった。

ビジュアルには「地獄へようこそ。」のセリフと共に、両手を広げ不敵な笑みを浮かべる赤鬼キラーK(長瀬)と、地獄に落ちたとは思えないほど気楽な表情を見せる大助(神木)の姿。「さくらん」「モテキ」の伊賀大介が手掛けた衣装に身を包んだ長瀬は、「手はジミヘンとカート・コバーン、下半身はマイケル・ジャクソン、声は忌野清志郎」という、一般的な“鬼”像を覆す、ロックと和のテイストが融合した最強にカッコいい鬼姿を披露している。

長瀬自身、「パッと見るだけでは、僕だと分からない」と語る特殊メイクは、撮影の度に90分がかりで施された。一方の神木演じる大助は、キスもしたことがないまま地獄に落ちた一見ウブで可哀相な高校生……と思いきや、「なんかこいつ地獄に落ちそうって、観る人をイラつかせるキャラクター」という、これまでの神木には無かった、超ド級のウザキャラを熱演している。この二人が一体どんな絡みを見せるのか――。

作品への期待が高まるとともに、脇を固める尾野真千子、森川葵、桐谷健太、清野菜名、皆川猿時、古田新太らによる他のキャラクターのビジュアルにも要注目だ。

映画「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」は、2016年2月6日ロードショー。


TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.