織田信成がマイク型ちょんまげ、白いポニーに颯爽とまたがり大笑い。

2015/07/31 04:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


元フィギュアスケート選手の織田信成(28歳)が、エクシング「JOYSOUND」の2015年イメージキャラクターに起用され、8月1日より業務用通信カラオケ「JOYSOUND MAX」(https://max.joysound.com/)の新CM「土手にて」篇を全国で放映開始する。

このCMの見どころは、馬ではなく、小さな白いポニーに颯爽とまたがり、スーツに“マイク型のちょんまげ”というシュールな姿で大きな口を開けて笑い続ける織田。現代に舞い降りた戦国武将が人々を率いるかのように、その元気な笑い声に誘われて、歌いたい気持ちを抑えられなくなったたくさんの人たちが織田のマイクに群がり大合唱する。その光景を見ているだけで、思わず“大声を出しにカラオケに行きたい!”という欲求を掻き立てられる内容だ。

織田は、歌は決して上手なほうではないものの、休日にはよく家族と一緒にカラオケで好きな歌を思いっきり歌って楽しんでいるそう。このCMでは、歌の上手さに関わらず、周囲まで明るくしてしまうようなはつらつとした笑顔の持ち主であり、誰よりもちょんまげ姿が似合う織田を全面に打ち出すことで、「歌いたい歌を、元気いっぱいに歌いたいように歌おう。心のままに、自由に、のびのびと歌おう。遠慮せずに。誰かの目線なんて気にせずに。上手下手など気にせずに。」という「JOYSOUND MAX」のコンセプトをコミカルに表現した。

なお、このCMのために制作したオリジナルソング「大声だそんぐ」は、底抜けにポジティブな歌詞と耳に残る力強いメロディの一曲。8月1日(土)よりカラオケ配信を開始するほか、着うたなどでの配信も予定している。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.