“前髪の子”三戸なつめが新曲、わかりやすく変でアホなMVも解禁。

2015/07/17 08:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


今年4月にシングル「前髪切りすぎた」でデビューし、人気・知名度急上昇中の三戸なつめ(25歳)の新曲が到着した。プロデュースは中田ヤスタカ(CAPSULE)が担当。デビューシングル収録の“キャベツ太郎・勝手に応援ソング”「きゃべつのやつの歌」に続く、“勝手に応援ソング”の第2弾で、タイトルは「わたしをフェスに連れてって」だ。

「わたしをフェスに連れてって」は、タテノリ、激アッパーな、まさに彼女がこれから多数参戦する夏フェスに向けて、オーディエンスと一緒に盛り上がれる楽曲。8月5日より配信が始まる。

また、7月17日にYouTubeで解禁となったミュージック・ビデオ(https://www.youtube.com/watch?v=DnHi1U4kAGg)は、前作「前髪切りすぎた」で11本同時にMVシリーズの中で最も人気の高かった“白菜篇”を手掛けた、神田旭莉監督によるもの。神田監督の手掛けた「前髪切りすぎた-白菜篇-」の、「分かりやすく変・分かりやすくアホ」という世界観はそのままに、さらにエッジの効いた映像に仕上がっている。



TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.