劇団ひとりが矢口騒動お詫び「いろいろと妹がご迷惑をおかけしました」。

2015/06/14 08:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


お笑いタレントの劇団ひとり(38歳)が、6月13日に放送されたバラエティ番組「ゴッドタン」(テレビ東京系)に出演。タレント・矢口真里(32歳)が起こした一連の騒動をお詫びした。

この日の番組は「目指せ!公式お兄ちゃん アイドル×芸人 フィ〜リングカップル」をテーマに進行。乃木坂46にはバナナマン、AKBグループには有吉弘行やフットボールアワーの後藤輝基、恵比寿マスカッツにはおぎやはぎ、おニャン子クラブととんねるずなど、ブレイクするアイドルグループには力強い味方となる“お兄ちゃん芸人”の存在が欠かせないとして、それを決める企画が用意された。

そうした流れの中で、「お兄ちゃん芸人になったことは?」と聞かれたひとりは、「『やぐちひとり』だってそうですよね。お兄ちゃんとは言ってないけども、妹みたいにかわいいし」と、同番組で共演していたタレントの矢口真里に言及。

そして「いろいろと妹がご迷惑をおかけしました。申し訳ない」と、“兄”として、世間を騒がしたことをお詫びした。

「やぐちひとり」は、2004年10月から2009年9月までテレビ朝日系で放送された人気深夜番組。2人にとって初の冠番組だった。この共演以来、親しい間柄として知られている。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.