世界初ムジナ肉すき焼き専門店、クラウドファンディングで会員募集。

2015/06/10 14:32 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


「幻のジビエ肉」と言われる上質なムジナ(穴熊)肉を使ったすき焼き専門店「むじなや」が、7月中旬、世界で初めて東京・渋谷にオープンする。それに伴い、会員募集クラウドファンディングプロジェクトがスタートした。期間は7月10日18時まで。

今回のプロジェクトは、「むじなや」を出店するエル・ディー・アンド・ケイの大谷秀政社長と、九州在住の猟師・高田健吾さんとの出会い、そしてふとした一言がきっかけだったという。

「シカやイノは結構流行ってきていて、流通しているのですが、それらよりも10倍旨い肉があるんです!」

それがムジナ(穴熊)肉。「圧倒的に脂がのっている」「肉の旨味が強く、コクがある」という特長を持ち、「これをすき焼にして食べるのが、猟師たちの間で密かな究極ご馳走」と教えられたそうだ(※ムジナ肉は夏の時季は脂が少なく、秋から冬にかけてがより脂がのる)。

今回、「むじなや」は狩猟肉の流通を確保し、ジビエの認知度上げることを目的に出店。情報発信地である渋谷で、より多くの人に全く新しい食肉体験をしてもらおうと考えているそうだ。

そして会員募集クラウドファンディングという形態をとることにより、「安定的にムジナ肉を供給してもらうため、事前に会員数を把握し、安定的で無駄のない需要を確保する」としている。

クラウドファンディングの詳細は、募集ページ(https://www.makuake.com/project/mujinaniku/)を参照。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.