ワイスピ新作が興収30億円突破、2015年洋画ではシンデレラに次ぐ速さ。

2015/05/19 06:24 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


4月17日より公開がスタートしたシリーズ最新作「ワイルド・スピード SKY MISSION」が、5週目を迎えた週末に総動員数210万人、興行収入30億円を突破した。

公開から6日間で10億円を超えた本作は、公開16日目には前作「ワイルド・スピード EURO MISSION」の最終興収を超える20億円も突破。その後も順調に客足を伸ばし、このたびの30億円突破となった。

2015年公開洋画作品の中では、「シンデレラ」に次ぐ2番目の速さでの30億円突破だ。

また、エンディングを飾るウィズ・カリファの楽曲「シー・ユー・アゲイン(feat.チャーリー・プース)」やサウンドトラックなど、音楽でも大きな反響を呼んでいる。5月17日(月)時点でiTunesのアルバム/シングルチャートの同時1位に返り咲いており、大ヒットを記念して公開された「シー・ユー・アゲイン(feat.チャーリー・プース)」の日本語字幕入りMVもすでに20万回以上再生されるほどの人気だ(https://youtu.be/wqmyuOlXSn0)。

「ワイルド・スピード SKY MISSION」は、TOHOシネマズ 日劇ほかで全国公開中。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.