嵐のCD総売上が3000万枚突破、新シングル初週50万枚で42作目の首位。

2015/05/19 04:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


嵐の46作目のシングル「青空の下、キミのとなり」(5月13日発売・ジェイ・ストーム)が発売初週で50.1万枚を売上げ、5月25日付けのオリコン週間シングルランキング(集計期間:5月11日〜17日)で初登場首位を獲得。1999年11月のデビュー以来のシングル・アルバム総売上枚数は3041.3万枚(シングル46作:2174.0万枚・アルバム16作:867.3万枚)となり、3000万枚の大台を突破した。

嵐のシングル首位は、「PIKA★★NCHI DOUBLE」(2004年2月発売)から35作連続通算42作目。通算のシングル首位獲得数記録ではB'z(通算47作)に次ぐ歴代2位につけており、その差を5作とした。また、初週売上は前作「Sakura」(今年2月発売)の46.5万枚を上回るスタートとなった。

本作「青空の下、キミのとなり」は、メンバーの相葉雅紀が主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ「ようこそ、わが家へ」の主題歌。初回限定盤には、同曲のビデオクリップ・メイキングを収めたDVDが付属されている。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.