熊の“中の人疑惑”更に深まる、すたすた二足歩行に「うちの義母か!」。

2015/05/08 17:48 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


クマはたびたび二足歩行をしているところを撮影され、その仕草や様子はまるで“中の人”がいるようだ、と評されることも。そうした“中の人”疑惑をさらに深めてしまいそうな動画「Funny bear walking like human」(https://www.youtube.com/watch?v=9GBpeFJtka8)が話題を呼んでいる。

野生動物の保護などをしている獣医師イライザさんは、先日、ツキノワグマが歩く様子を撮影・公開した。熊の着ぐるみを着ているかのような立ち姿。歩き方もすたすたとしたもので、最初その歩き方を見た時、イライザさんは大笑いしたという。

しかし、イライザさんが語るには、このクマがこうした行動を取るようになったのは暗い過去のせいであるとも指摘。薬のために殺して胆汁を採取する農場で飼われていたこのクマは、栄養失調で現在でも同じ年齢のクマよりはるかに小さい。その身体の小ささが直立二足歩行を容易にした。救助センターに保護されてからはその仕草が訪れる訪問者の目を引き、食べ物などをもらえるようになって習慣となったとのこと。

この動画は徐々に話題となっていき「進化している…」「うちの義理の母かと!」「かわいそうな境遇で面白いといえない」「ジャングルブックの世界だ」「熊の惑星になる日も近い」と様々な感想が寄せられているようだ。



TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.