激動ゲーム史40年間の記録映画、「ビデオゲーム THE MOVIE」遂に上陸。

2015/04/27 10:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


製作が明らかになって以来、ネットで国内外のゲーマーたちの間で話題をさらい、長らく日本公開が待ち望まれてきたビデオゲームの全容に迫るドキュメンタリー映画「ビデオゲーム THE MOVIE」が、5月23日より、新宿シネマカリテにて開催の映画祭「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2015」(5月16日〜6月26日)にて公開される。それに先駆け、ポスタービジュアルが解禁された。

クラウドファンディングで製作費を募るなど、公開前からゲームファンの強い関心を集めてきた本作。自身も“ゲーマー”を自称するジェレミー・スニード監督は、予告編(https://www.youtube.com/watch?v=Jv2W0lbgVfY)に感銘を受けた世界中のゲーマーたちからの1,200万円を超える資金援助を受け、2年の歳月をかけて本作を完成、2014年に米国で公開となった。

世界初のアーケードゲームと言われる、米ATARI社の「PONG」が開発されたのが1973年。それから40年を経て、任天堂の登場、ソニーやマイクロソフトの業界参入を経て、ビデオゲーム業界は驚くべき発展を見せてきた。特にこの10年で、その世界市場は10億ドルから240億ドルへと急激な成長を遂げ、今では映画をも超える製作費が投じられる作品も少なくない。

本作は、そんな「ビデオゲーム」の誕生から今日の最先端技術開発まで、メーカーの垣根を越えて追求したドキュメンタリー作品。中でも目を見張るのが豪華出演者たちだ。ATARI社創立者ノーラン・ブッシュネル氏ほか、「メタルギアソリッド」開発者の小島秀夫氏らの日本のクリエイター勢も登場。現在も最前線で活躍する天才クリエイターたちの、生の声を収めたインタビューが満載となっている。

ATARIの台頭から衰退、スーパーマリオの誕生によるビデオゲームブーム復活、PlayStationによる映像革新、Xboxのゲームのインタラクティブ化――。ゲーム業界がもたらした激動の40年を語り尽くす、ゲームファンのみならずとも注目の作品がいよいよ日本公開となる。

映画「ビデオゲーム THE MOVIE」は5月23日(土)より、新宿シネマカリテにて公開。


☆「ビデオゲーム THE MOVIE」

監督・脚本・撮影・製作:ジェレミー・スニード
出演者:ノーラン・ブッシュネル、デイヴィッド・クレーン、ウォーレン・デイヴィス、クリス・ハードウィック、アリソン・ヘイスリップ、ショーン・アスティン(ナレーション)ほか
2014年/アメリカ/英語/カラー/ビスタ/101分
原題:VIDEO GAMES: THE MOVIE
配給:プレシディオ

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.