“金魚と別れ”トイレにジャー、水流に飲まれていくのを見つめる男の子。

2015/04/24 19:04 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


初めてのペットとの別れを、皆さんは覚えているだろうか。先日、小さな男の子が愛する金魚との別れを迎えた動画「the little boy crying over dead fish」(https://www.youtube.com/watch?v=KSaKpX9hbvY)が話題を呼んだ。

今はもう動かなくなってしまった金魚に、最後のお別れとして、音を立てて惜別のキスをする子ども。2回キスした後、お母さんによって促され、金魚はトイレの中へ。躊躇せず水を流し、金魚が水流に飲まれていくのを見つめている。

しかし、ためらいのない態度は彼なりの別れの流儀だったのだろう。死出の旅路を見送るまでは、と感情を抑制していたのか、空っぽのトイレを見て寂しさがこらえきれなくなり泣き出すことに。

お母さんもその悲しさを受け止めるべく撮影を中断、優しく抱きしめて情操を育む様子が収められたところで動画は終わっている。

子どもがお別れにキスをする部分や、泣き始めるところなどが大きな話題を呼んでいるが、一方でトイレに金魚を流すのはありなのか、という反応も。ただ、欧米ではそのあたりはさほど問題視はされていないようで、動画に対する“高評価”は1,800件超なのに対し、“低評価”は50件程度となっている。

SNSや動画に寄せられたコメントには「とてもかわいくて悲しいね」「新しい魚を買ってあげたい」「親がすることは撮影じゃない。もっと早くに寄り添わないと」など様々な意見が寄せられているようだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.