活動休止明け朝倉あきが復活、「明光義塾」ショートフィルムで講師役。

2015/04/23 15:48 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


スタジオジブリの映画「かぐや姫の物語」でヒロイン・かぐや姫の声を担当したほか、数々の映画やドラマに出演するも、昨年3月31日で芸能活動を休止した女優・朝倉あき(23歳)が、新たな事務所で活動を再開。個別指導塾「明光義塾」が制作したショートフィルム「おしえるしごと、おそわるしごと〜紙をやぶく少年〜」(https://www.youtube.com/watch?v=YKgwSEs9jl4)に出演している。

このショートフィルムは、全国の明光義塾の講師から寄せられた956の実話をもとにして制作したもの。4月6日にダイジェスト版が公開されていたが、現在(4月23日)までに再生回数は24万回を超えており、Twitterでも「泣ける」「感動する」「素晴らしい」といった反響を呼んだ。

そんなショートフィルムに、講師役で出演している朝倉は「目標に向かって一緒に走り、全力で応援し、そして導くという、教える立場の存在の大きさや仕事の尊さを改めて感じました。彼女の懸命な姿に、人と真剣に向き合うときに大切なのは何か、を教えてもらったような気がします」とコメントを寄せている。

朝倉は1991年生まれ、神奈川県出身。2006年に行われた第6回東宝シンデレラオーディションでファイナリストに残り、東宝芸能所属の女優としてデビューした。2010年には「とめはねっ! 鈴里高校書道部」(NHK)でテレビドラマ初主演を飾り、映画も「神様のカルテ」や「横道世之介」など話題作に次々と出演。ジブリの「かぐや姫の物語」にも抜てきされたが、2014年3月31日をもって東宝芸能との契約を終了し、芸能活動を休止していた。

新たな所属事務所のホームページによると、活動再開は今年2月からで、NHK FMの「ニコイナ食堂」に主人公・イイナ役として出演。映像は今回の「明光義塾」が活動再開後初めての模様だ。

なお、今後は4月24日にNHK BSプレミアムで放送されるBS時代劇「神谷玄次郎捕物控2」に出演するほか、5月には舞台への出演も決定している。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.