“YouTuber”波田陽区がヤバイ、圧倒的な低評価連発で心配される。

2015/04/21 09:44 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


今から10年ほど前、“ギター侍”として一世を風靡したお笑い芸人の波田陽区(39歳)が、なにやら迷走していると話題を呼んでいる。“ギター侍”のブーム沈静化後もバラエティ番組「クイズ!ヘキサゴンII」(フジテレビ系)にレギュラー出演するなど、テレビの世界で活躍していた波田だが、番組終了と共にあまりその姿を見ることがなくなってしまった。

そんな波田が、昨年から力を入れているのがYouTubeだ。定期的に動画を投稿する、いわゆる“YouTuber”としての活動だが、登録者数59人(4月21日現在)の公式チャンネル「youku mania」(https://www.youtube.com/user/youkumania)の履歴では、昨年9月から動画「こんなところにフェニックス」シリーズを投稿。現在までにシリーズ作品は32本が確認できる。

動画の説明によると、このシリーズは「波田陽区が放つ渾身の『フェニックス』が様々な場所で羽ばたく」という内容。ゴールドの派手な衣装を着た波田がいろいろな場所に出没し、何かをする(ポーズをとる)。動画の尺はだいたい20秒前後と、コンパクトにまとめているようだ。

一連の動画は、過去にまとめサイトなどに掲載された分は再生回数が多いものもあるが、基本的には再生回数は数百程度。しかし、本当に驚くべき…“ヤバイ”のはその評価で、すべてのシリーズ動画が、「高い評価」を圧倒的に上回る「低い評価」とされている。コメント欄にも辛辣な声が多々並んでいる状態だ。“YouTuber”としての活動も、上手く行っているとは言いがたい。

こうした散々な状況に、ネットでは「フェニックス面白くないです」「シュールとつまらないを履き違えてる」「昔はまあまあ面白かったのに」「言葉もない」「本当に意味がわからない」などの厳しい声や、「大丈夫ですか?」「もう無理しないでください」「見ていて辛いです」など心配の声も寄せられている。

また、波田は昨年1月頃までは、独特のタッチで描く「幸せ村の住人」なる絵のシリーズをTwitterに投稿していたが、こちらも大きな話題になることはなく、更新が途絶えてしまった。

今後の活動への模索が続く波田。“これだ!”というものに巡り会い、復活を遂げることができるだろうか。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.