世界から厳選のチョコ食べ放題、ウェスティンホテル東京がブッフェ開催。

2015/04/13 20:57 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


ウェスティンホテル東京は5月1日から、期間限定、平日限定で「ワールドチョコレート・デザートブッフェ」を開催する。期間は6月30日まで、場所はインターナショナルブッフェレストラン「ザ・テラス」1階で、価格は1人3,800円(税・サービス料込み)

「ワールドチョコレート・デザートブッフェ」は、各国から厳選した、魅惑のチョコレートの世界が堪能できるブッフェ。

定番のヴァローナやカカオバリーに始まり、ベイス(フランス)、ベルコラーデ(ベルギー)、カルマ(スイス)、イカム(イタリア)など、世界各地から選りすぐったチョコレートを、エグゼクティブペストリーシェフの鈴木一夫氏がオリジナルデザートに仕上げている。

「スパイシーチョコポット」のような異国感あふれる味わいのグラスデザートや、「抹茶と黒豆のチョコレートクリーム」のような和風にアレンジしたデザートも。カカオバリーのチョコレートを使ったキルシュたっぷりの「フォレノアール」は、お酒好きな人にはピッタリ。ヘビー級のチョコレートを楽しむなら、オーストリアのチョコレート焼き菓子「ショコラーデン」。伝統菓子の「クラシックオペラ」は、しっとりしたコーヒーシロップが、ルカカカオを使用した主役のチョコレートを引きたてる。

今回のテーマについて、鈴木シェフは「選んだチョコレートの、オリジナルのフレーバーや本来の美味しさを保ちながらも、独自のスイーツを展開するために、フルーツやナッツなど、素材との組み合わせを考え抜きました。どこのチョコレートブランドの、何%のカカオ分を使い、どの素材と組み合わせるか。それぞれのチョコレートの個性に対して、真摯にアプローチして仕上げています」とコメント。

1か月ごとにメニューも一新し、6月からは新たなチョコレートデザートが登場、5月とは異なる新作デザートを楽しめる。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.