三菱電機がテレビ不具合を謝罪、ソフトウエアの更新方法を案内。

2015/04/10 04:51 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


三菱電機は4月9日、今年3月29日に液晶テレビ「REAL(リアル)」の視聴中に電源が切れる不具合が起きたことについて、公式サイトで謝罪した。

サイトに掲載された「三菱液晶テレビ受信不具合のお詫びとソフトウエア更新のお知らせ」では、まず、「2015年3月29日(日)午前0時から正午ごろにかけて『視聴中または録画中に電源がOFF/ONを繰り返す』不具合が発生しました。皆様に多大なるご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪。

原因については「対象製品のソフトウエアの不具合によるもので、デジタル放送(地上、BS)の電波に含まれている一部の特定放送データを正常に処理できず発生したものと判明しました」と説明している。

その上で、「このたび対象製品のソフトウエアを更新して改修します」とし、ソフトウエアの更新方法を案内している。

対象製品は2010年から2015年3月までに同社が製造した120機種、約168万台。詳細は同社特設ページを参照(http://www.mitsubishielectric.co.jp/oshirase/20150409/)。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.