「ベイマックス」創作の秘密、話題のドキュメンタリーの本編映像。

2015/04/09 10:02 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


大ヒット映画「ベイマックス」のMovieNEX発売(4月24日)に先駆け、4月9日、その制作現場に迫る映像が公開された。

今回公開された映像は、「ベイマックス」MovieNEXと同日に発売される「魔法の映画はこうして生まれる/ジョン・ラセターとディズニー・アニメーション」ブルーレイ/DVDの本編映像の一部。2014年11月24日にNHK総合で放送され話題を呼んだドキュメンタリーで、90年余りにわたるディズニー・スタジオの歴史で初めて、これまで秘密に包まれてきた制作現場を長期密着カメラが捉えた貴重な映像だ。

「ベイマックス」の制作風景を通じて、国境を越えてあらゆる世代を魅了し続ける、夢と魔法のディズニー・イマジネーションの源に迫っている。ナレーションは女優の有村架純が担当した。

映像の冒頭、2014年に開催された東京国際映画祭のオープニングシーンに登場したのは、「ベイマックス」の製作総指揮を務めたジョン・ラセター。ディズニーとピクサー、両方のチーフ・クリエイティブ・オフィサーでもあるラセターはCGアニメーションのパイオニアで、史上初の長編アニメーション「トイ・ストーリー」の監督でもある。

今ではスタジオの制作陣を束ねる指揮官として、「アナと雪の女王」を大ヒットに導いたことでも記憶に新しいところ。「日本、東京、そして宮崎駿さんに、私は大きな影響を受けてきました」と話す彼は、日本のポップカルチャーについても造詣が深く、特に「ベイマックス」では、日本の鈴がモチーフになっていたり、舞台がサンフランシスコと東京をミックスさせたような架空都市だったりと、ディテールには日本に対する熱い思いがフィーチャーされている。

また、最新の技術で生み出される驚くべき映像世界にも触れ、さらに、初めてストーリー作りの秘密も明らかに。ラセターをはじめ、作品に関わるすべてのクリエイターたちが自由にディスカッションし、何度も何度もブラッシュアップを重ねることで、オリジナリティに溢れ、誰もが共感する感動ストーリーへと昇華していく様子が映し出されていく。そんなディズニー映画の創作の秘密は、本編ブルーレイ/DVDにギュッと収録されている。


☆「ベイマックス MovieNEX」

発売日:2015年4月24日(金) 2015年4月17日(金)デジタル先行配信
価格:4,000円+税
権利表記:(C) 2015 Disney
公式サイト:http://Disney.jp/Baymax


☆「魔法の映画はこうして生まれる/ジョン・ラセターとディズニー・アニメーション」

発売日:2015年4月24日(金)
価格:ブルーレイ3,800円+税、DVD3,200円+税
権利表記:(C)2015 NHK
公式サイト:http://www.disney.co.jp/studio/liveaction/1304.html

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.