「スター・ウォーズ」6作品の配信解禁、誰も知らないボーナス映像も予定。

2015/04/07 20:02 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンは6月1日から、映画「スター・ウォーズ」のシリーズ6作品の一挙デジタル配信(購入)を開始する。同シリーズのデジタル配信は史上初(http://starwars-jp.com/haishin/)。

映画史に燦然と輝く、世界的超大作「スター・ウォーズ」シリーズ。今回のデジタル配信の開始により、「スター・ウォーズ」をテレビやパソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットで観ることができる。

劇中の名セリフ“The Force will be with you. Always.”の通り、まさに、“いつでもどこでも『スター・ウォーズ』とともに”を体験できるのに加え、今まで発売されたビデオ、レーザーディスク、ブルーレイやDVDにも収録されていない“新たなボーナス映像の配信”も予定されているとのこと。ファン垂涎の充実した内容で「スター・ウォーズ」の壮大な物語【サーガ】を楽しめる。

さらに、今年12月18日(金)には最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」がいよいよ劇場公開。“スター・ウォーズ イヤー”である2015年を飾る一大イベントとして、デジタル配信も大いに盛り上がりそうだ。

なお、今回デジタル配信決定の報に合わせ、エピソード1から6までの名シーンを収めた予告編映像を解禁。ルーク、レイア姫、ハン・ソロ、C-3PO、R2-D2はもちろん、アナキン、オビ=ワン・ケノービ、ヨーダから、ダース・ベイダーまでオールキャストが登場、観るだけで、期待で胸が高鳴る、壮大な【サーガ】が凝縮された予告編映像だ。

今回のデジタル配信について、ウォルト・ディズニー・スタジオのアラン・バーグマン社長は「40年近く前に第一作目が初公開されて以来、スター・ウォーズ は、あらゆる世代の多くのファンを巻き込んだ世界的な現象となっています。お客様が、この伝説的な物語と多くのボーナス映像を色々なプラットフォームで楽しまれるのは当然のことであり、6つの映画すべてを史上初めてデジタルHDでお届けできることになり、私たちは非常に興奮しています」とコメント。

また、ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長も「ファンの皆さんがどこにいても、ご自身のデジタル・デバイスで『スター・ウォーズ』の冒険物語を楽しむことができるようになると思うと胸がはずみます。『スター・ウォーズ』は、テクノロジー、デザイン、サウンド、そして視覚効果において常に新たな分野を開拓してきました。今回のデジタル配信では新たに素晴らしいボーナス映像を提供いたします」とコメントを寄せた。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.