「天才バカヴォン」に豪華声優、注目のネロとパトラッシュ役は?

2015/04/03 04:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


国民的名作ギャグマンガ「天才バカボン」の初の長編アニメ映画として製作され、5月23日より全国公開となる映画「天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜」。その豪華声優陣と本ポスター、さらに本予告(https://www.youtube.com/watch?v=QMDY-2KBu7w)、東映のパパ風ロゴが一挙に解禁となった。

その悲しすぎる結末が今や伝説となった、アニメ放送40周年を迎える名作「フランダースの犬」からネロとパトラッシュが参戦するという、意外性に満ちた本作。絶対に一緒になるはずのない「天才バカボン」と「フランダースの犬」を引き合わせた、FROGMAN監督の独自解釈による“新生バカボン”は、多くの注目を集めている。

今回発表された声優陣は、バカボンのパパ役を監督・脚本のFROGMANが自ら担当。また、悪の手先となって現代に蘇ったネロ役を、「風立ちぬ」で里見菜穂子役を演じた瀧本美織、バカボンの同級生・西河内好平役を濱田岳、バカボン役を犬山イヌコが務める。そして、本作のオープニンググソングを担当するチームしゃちほこの秋本帆華は、ウナギイヌで参戦だ。

さらにレレレのおじさん役にダチョウ倶楽部の上島竜兵、暗黒組織インテリペリを率いるダンテ役を村井國夫、そのほかにも、バカボン一家の住む町を守る本官役を岩田光央、バカボンのママ役を上野アサ、ハジメ役を元宝塚歌劇団花組娘役の澪乃せいら、パトラッシュ役をFROGMANの愛犬と、豪華声優陣&本物の犬が勢揃いした

FROGMAN監督は「はい!天才バカヴォンの監督のフロッグマンです!はい!自分は、普段、鷹の爪っていう、変なアニメを作ったりしてます!でも今回は、天才バカボンってことで、すごくドキドキしました!自分にちゃんと出来るかなあ?途中で泣いたりしないかなあって!でも、周りの大人たちが、一所懸命、励ましてくれたので、すごく頑張れました!た!どれくらい頑張ったかと言うと、ウミガメのお母さんの産卵に例えると、卵200ケ産むくらいです!普通は平均120ケくらいだそうです!だから、皆さん観て下さい!はい!好きな食べ物は、いなり寿司と、チョコレートです!です!」とコメント。

また、ネロ役の瀧本は、今回の映画について「まだまだ声優の経験が浅い中、今回お話を頂いて、またギャグコメディみたいなものをやりたいと思っていたのですごく嬉しかったです。ただ面白いだけでなく、この時代を生きている人達に伝えたいメッセージがたくさん込められていると思います」と喜びのコメントを寄せている。

ちなみにネロ役を演じることについては「まさかあのネロを自分が!と感激しました。絵がない状態での収録は初めてだったのでドキドキしましたが、監督が丁寧に誘導してくれたので気持ちよく挑めました。みんなが知らない、びっくりするネロになっていると思います」と語った。

「天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜」は5月23日、新宿バルト9ほか全国ロードショー。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.